本文へ移動
社会福祉法人 滋賀同仁会
特別養護老人ホーム 千寿の郷
〒520-0860
滋賀県大津市石山千町276番地の1
TEL.077-531-1105
FAX.077-531-1107
 
AEDは1階事務所にございます。
公共交通機関をご利用の場合
 JR石山駅/京阪石山駅から千寿の郷経由 南郷二丁目東行のバスをご利用ください。


※当施設は電話でのセールス・販売等は一切お断りしております。ご了承ください。
0
3
0
5
5
1

NEWS&トピックス等

山田真由子外部講師 ビジネスマナー研修  令和3年10月4日(月)

 令和3年10月4日(月)14:30~16:00に特定社会保険労務士・キャリアモチベーターの山田真由子氏を講師にお招きし、ビジネスマナー(一般的なビジネスマナーについて学ぶ」の研修を実施しました。
 最初は職員も緊張していましたが、山田講師のトークで笑顔や笑い声がみられました。グループワークでは、日頃関りが少ない他部署職員と討議もあり職員間も研修前より和んでいました。
 職員一人ひとりの印象が事業所のイメージを決定付ける。職員個々の仕事は、たくさんのご利用者様・入居者様・ご家族様との関係で成り立っている。当たり前のことですが、職員の対応の良し悪しが事業所のブランドイメージを決定する自覚を持って仕事に臨むことを改めて考える事ができる大変有意義な研修でした。

介護長 野口 直樹

リスクマネジメント研修  令和3年10月4日(月)

 令和3年10月4日(月)事故対策委員会主催のリスクマネジメント研修を行いました。山田生活相談員と角介護職員が中心となり、当施設にとって今一番必要なリスクマネジメントに関する研修は?と検討。緊急時の対応を再度勉強することが良いのではないかとのことで①応急手当の基本②救急車の要請③AEDの使用方法について学びました。
 AEDについては当施設に設置している同型の使用方法について動画を用いての研修であり、イメージしやすかったです。

介護長 野口 直樹

デイサービスご利用をご検討されている方へ  令和3年10月2日(土)

 デイサービスをご利用又は新たに他のデイサービスの追加利用をご検討されている方々へ。
 当施設は大津市石山千町と南郷の洗堰や石山寺近くにあります、山や川に囲まれた自然豊かな場所の特別養護老人ホームに併設して営業しております。現在ご利用していただいている方々からは入浴や食事・日々の催しは勿論、職員の接遇面でも満足しているとお話しいただいています。『いきなり契約するのは…』と思われる方も多数おられると思います。体験利用していただき、気に入っていただいてから契約していただいても構いません。
 送迎範囲についても時間などの調整もございますが、まずはお気軽にご連絡ください。心よりお待ちしております。
※TEL:077-531-1105

生活相談員 上平 美乃里

新たにショートステイご利用をお考えになられている方へ  令和3年10月1日(金)

 ショートステイのご利用をご検討されている方へ。当施設は特別養護老人ホームと併設型で従来型施設です。個室の利用料金もユニット型より抑えることができ、また一人では寂しい方には多床室(個室よりも更に低コスト)もございます。ゆくゆくは特別養護老人ホームへのご入所もご検討になられている方であれば、事前に施設設備や一日の流れを知る良い機会にもなるのではないでしょうか。
 送迎範囲につきましては到着時間や利用日数などで要相談となりますが、可能な範囲で送迎(大津市・草津市・湖南市・守山市・野洲市・山科区など)を実施させていただきます。
 令和3年10月1日時点で年末年始の居室も残りわずかではございます空室がございます。この機会にご利用のご検討を頂ければと思います。
 ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。
※TEL:077-531-1105

生活相談員 西原 多都子

高齢者虐待予防研修会  令和3年9月27日(月)

 令和3年9月27日(月)13:30~15:30WEB研修『高齢者虐待予防研修会』に成瀬介護職員が参加しました。
 講師はNPO法人あさがお所長:中原一隆氏で、~小さな気づきが虐待防止の第一歩~がテーマでした。
 “虐待を受けたと思われる方を発見した際、勇気をもってまずは誰かに相談する”事がこの研修の中で一番印象深かったキーワードだったと報告を受けました。今回の研修を個人だけのものにせず、職員間で共有していきます。

介護長 野口 直樹

中秋の名月  令和3年9月23日(木)

 中秋の名月、皆さんはご覧になられましたか⁉
 この日はお芋を食べる習わしになっていますので、意識した献立にしてみました♬
 まずはサトイモの煮物、それからサツマイモご飯♪加えて、薄焼き卵を巻いたものを月に見立てた名月のすまし汁となっています。

管理栄養士 西﨑 彩織

敬老の日  令和3年9月20日(月)

 現在の日本社会において高齢化へますます進んでいる中、当施設入居者様の平均年齢も85.6歳と皆さん長生きして下さるだけでなく、とても元気に過ごしてくださっています。これからも元気で長生きしていただけることを願いつつ、赤飯を準備しました。
 皆さん、白米と赤飯の違いには敏感で『今日は赤飯やな!』と嬉しそうに声をかけてくださる方もおられました。

管理栄養士 西﨑 彩織

敬老の日(DS)  令和3年9月20日(月)

 いつもご利用いただいている利用者様に敬老の日のお祝いとして職員一同何かできないかと考え、ささやかではありますがご本人の写真をキーホルダーにしてみました!
 これからも元気にデイサービス千寿の郷へ来ていただき、楽しいお話を聞かせていただいたり、たくさんの笑顔を頂きたいです♪

生活相談員 上平 美乃里

石山老人クラブ連合会様からのご寄付  令和3年9月14日(火)

 石山老人クラブ連合会様から今年もマスク1,000枚、タオルを段ボール2箱分ご寄付頂きました。感染症予防としてまた施設の衛生面保持として両方とも貴重であり、大切に活用させていただきます。ありがとうございました。

所長 八田 和也

感染症・褥瘡対策委員会主催 感染症研修~感染症対策と自己免疫力アップについて  令和3年9月8日(水)

 令和3年9月8日(水)感染症・褥瘡対策委員会主催で『感染症対策と自己免疫力アップについて』の研修を行いました。依田清朱看護師を中心に委員が内容を検討。所長がパワーポイントにてわかりやすくまとめました。
 内容は流水を用いた手洗い方法と消毒液を用いた手指消毒方法。免疫力アップには“良質な睡眠”“栄養バランスの摂れた食事”“自律神経を整える”が大切である。日々の生活で改善可能でマグネシウムやビタミンDを多く含む食物を摂取していくことを学びました。

介護長 野口 直樹

身体拘束廃止委員会主催 身体拘束に関する研修~ベッド柵から考える身体拘束~  令和3年9月8日(水)

 令和3年9月8日(水)身体拘束廃止委員会主催の身体拘束廃止研修を実施しました。8月25日に外部講師として介護老人保健施設おおやけの里:辻智典氏の研修を受けました。受講から学んだことを当施設に合わせた研修を実施しようということで工藤三千代委員長と澤野直喜委員が中心となり研修を開催しました。
 内容は『ベッド柵から考える身体拘束』で、ベッドに柵を3点使用することが拘束にあたるかについてです。結論として拘束は柵の本数ではなく、利用者の行動を制限するかどうかで決まる。ベッドから転落されない事だけを考えるのではなく、万が一転落されたとしても怪我が最小限になるように考え、行動を制限しない手段を他職種で考える。拘束ではない代替案を見出すことが重要であることを学びました。

介護長 野口 直樹

野菜の日  令和3年8月31日(火)

 8月31日は語呂合わせで831(やさい)=野菜の日となっています。
 今年は野菜をふんだんに使ったみんな大好きカレーライスを提供しました!(*'▽')
 カレーライスは千寿の郷でも定番の大人気メニューで、日頃はお弁当を持参している職員もこの日ばかりはカレーライスを食べています。入居者様も喜んで完食して下さる方がほとんどです♪

管理栄養士 西﨑 彩織

辻智典外部講師 高齢者虐待・身体拘束についての研修  令和3年8月25日(水)

 令和3年8月25日(水)14:30~16:00の間、介護老人保健施設おおやけの里の辻智典氏を講師に招き、1講義目は高齢者虐待『不適切なケアへどう介入するか』を、2講義目に『「現場」は困っている!だから学びましょう』について研修しました。
 過去の事例やケアなきケアの時代と現在のケアを写真により比較することで職員は聴覚だけでなく視覚からも入ることにより、より理解を深める事ができました。今までの考え方、対応方法を見つめ直す良い機会となりました。

介護長 野口 直樹

施設外壁及び窓ガラス一斉清掃  令和3年8月25日(水)

 令和3年8月25日(水)に施設の外壁及び窓ガラスを私はじめ事務職員、介護職員、看護職員などが手分けして午前中に行いました。
 施設周辺は山や川があり自然豊かで周辺に建物が少ないことから、夏は6月頃は蛍が8月はカブトムシが飛んでいます。それと同時に春先には燕が施設に巣をたくさん作っているため、定期的な清掃が必要でした。ここ数年は実施できておらず、外壁やベランダ窓ガラスが汚れており、室内の換気もままならない状態でした。
 職員で手分けしたことで清潔にまた綺麗になりました。今後も定期的に他の部分も実施していこうと考えています。

所長 八田 和也

山の日  令和3年8月11日(日)

 山の日は『山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する』ことを趣旨として、2014年に制定された祝日です。毎年8月11日が山の日となっています。
 さて、今年の山に非の献立はちらし寿司です。ちらし寿司は皆さん美味しいと言ってくださいますので、少し特別な日にお出ししています。今回は枝豆をトッピングしてアクセントをつけてみました♬

管理栄養士 西﨑 彩織

ショートステイ・デイサービスの担当者変更  令和3年8月1日(日)

 令和3年8月1日(日)から当施設のショートステイ部門の担当者が変わりました。主の窓口は生活相談員である西原多都子で副担当は継続して塩田厚司が行います。
 西原がショートステイ部門へ異動することでデイサービス部門はそれまで副担当であった上平美乃里生活相談員が主担当として業務を行うこととなりました。
 今後ともショートステイ千寿の郷並びにデイサービス千寿の郷を宜しくお願い致します。

ショートステイ 西原 多都子
デイサービス  上平 美乃里

人権擁護・虐待防止委員会主催 人権研修~平等・公平と支援~  令和3年7月14日(水)

 令和3年7月14日(水)千寿の郷玄関ホールにて人権擁護・虐待防止委員会主催で『~平等・公平と支援~』をテーマに研修しています。講師は委員でもある井上彰啓特養生活相談員。平等と公平、現実をわかりやすく示された絵を用いて職員に説明。
 利用者様の抱える問題を専門職として解決ていくことが支援の内容であり、権利擁護の視点に立てば、支援として提供するサービスは量的確保だけでなく、質的確保が重要になってくることを知ることが出来ました。

介護長 野口 直樹

七夕  令和3年7月7日(水)

メニュー:ちらし寿司、シュウマイ、清汁、七夕ゼリー
 本日は七夕の日です!
 七夕と聞いて思い浮かぶのはやはり織姫と彦星ではないでしょうか(*^。^*)天の川で別れた二人が年に一度だけ会える日。ロマンチックな物語ですね♬諸説ありますが、実はこのお話は日本と中国の伝説が合わさり受け継がれてきた話だそうです。
 本日は食事に流れ星をかたどったゼリーや星形の麩が入った清汁を提供させていただきました。(*'▽')

管理栄養士 西﨑 彩織

夏越の祓  令和3年6月30日(水)

 メニュー:牛肉の甘辛煮、大根サラダ、清汁、ご飯、水無月風ミルクプリン
 本日は夏越の祓。1年の折り返しにあたる日です。各地の神社で行われる季節の行事です。『まだ半年!』『もう半年!』人それぞれ。そんな夏越の祓は1~6月までの半年分の穢れを落とし、残り半年の無病息災を祈願する行事です。
 特にこの日に食べる有名なものと言えば水無月です♪(*^。^*)水無月の小豆の赤色はぎゃきを祓うとされ、京都を中心によく食べられているようです。本日は水無月風プリンを厨房栄養士が小豆を煮るところから入居者様ご利用者様の笑顔が見れればと丹精込めて作りました!
 ミルクプリンとホクホクに煮た小豆が絶妙でとても美味しく出来上がりました!

管理栄養士 西﨑 彩織

郷土料理 徳島県編  令和3年6月16日(水)

メニュー
・金時豆入りかきまぜご飯・ひじき煮付け・おかか和え・清汁

 本日は徳島県の郷土料理である金時豆入りかきまぜご飯でした。
 ちらし寿司に金時豆!?と最初はお届かれていました(^-^;
 しかし食べてみると甘い金時豆と酢飯が抜群!!
 入居者様や入所者様からも『甘い豆美味しい!』『よく合うわ~』『もっと食べたい!!』と大絶賛でした!
 徳島県では五目寿司のことを“かきまぜ”と言い、ハレの日の食事です。米の県内自給が低いため、たくさんの具を寿司飯に入れてコメの量を補っていました。また昔から甘いものを御馳走としてきたことなどにより、甘い寿司が美味しいとされ、現在も金時豆をかきまぜています。
 私も初めて知る郷土料理だったので勉強になりました。
 コロナ禍で旅行はいけない日々が続く中、旅行気分を味わってもらえたらと考案しました!(^_^)v

管理栄養士 西﨑 彩織

大人様ランチ♬  令和3年5月28日(金)

メニュー
ピラフ・白身魚のフライ・ブロッコリーサラダ・コーンスープ・ワインゼリー

 本日はお弁当箱で大人様ランチを提供しました♪
 『今日な何の日?』『お子様ランチみたい!』と大盛況でした!
 特別な日ではないのですが、コロナ禍で外出自粛が続く中、食事を楽しみの時間に…と願いを込めてイベントを行いました。
 見た目は可愛く!カラフルに♪を合言葉に(*^。^*)
 ピラフに国旗を飾ったり、花形ニンジンで盛り付けたり、厨房職員も全面的に協力していただきました。その甲斐もあって当日は入居者様や利用者様の笑顔と喜びの声を聴くことが出来ました♪
 これからも入居者様・利用者様の笑顔が増えるよう工夫していきます!

管理栄養士 西﨑 彩織

千寿の郷line公式アカウント求人者様向け開設  令和3年4月26日(月)

 千寿の郷求人者様向けline公式アカウントを作成しました。
 左にあるQRコードを読み込んでいただき、友達追加していただくことで、業務内容・面接日程調整、その他気になることにお答えさせていただきます。
 お気軽にご登録・ご質問ください。

採用担当 事務長 赤松 雄一
     介護長 野口 直樹

桜の下で音楽会(DS)  令和3年4月14日(水)

 施設敷地内の桜も見頃を迎えています。天気も良く急遽テーブルと椅子を設置、ゆったりと桜を眺めることとなりました。
 マスク着用・距離を確保しながら職員がエレクトーンを弾き、ハーモニカが得意なご利用者様の演奏に合わせて他のご利用者様が口ずさんでおられました。

生活相談員 西原 多都子

千寿の郷所長就任挨拶  令和3年4月1日(木)

 日頃は、ご利用者様、ご家族様、地域の皆様には多大なご理解・ご協力を賜り、心から厚くお礼申し上げます。
 この度、西田前所長の退任に伴い、4月1日から所長に就任いたしました八田でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、千寿の郷におきましては、昨年から新型コロナウイルスの拡大を受け、職員の感染予防対策の徹底はもちろんのこと、施設の面会制限をさせていただくなど、感染源を持ち込まないための最大限の努力をさせていただいております。
 また、施設でのイベント等の中止により、ご利用者様、ご家族様にはご不便と大変淋しい思いをされていることとは思いますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 今後も、自然あふれる閑静な「千寿の郷」に、ご利用者様の笑顔があふれ、思いやり、温もりのある、そして、地域に開かれた施設を目指し、引き続き取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

所長 八田 和也

特養2階フロアにてホットケーキ作りレクリエーション開催♪  令和3年3月30日(火)

 特養2階フロアでレクリエーション開催、ホットケーキ作りを行いました。
 作っている最中に漂う甘~い香りでまずは香りを楽しんでいただき、次に目でも楽しんでいただけるよう、トッピングの飾りつけも職員が気持ちを込めて行いました♬
 入居者様はどなたも喜んで召し上がってくださっています。

特養介護職員 成瀬 菜美子

施設前桜開花  令和3年3月26日(金)

 花吹雪舞う季節となりました。皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
 千寿の郷の玄関先も春を彩るように桜が咲き始めております。
 コロナ禍で入居者様・ご家族様、関係者の皆さまにはご不便をおかけしておりますが、来年の今頃は桜の木の下でご面会していただけることを職員一同願っております。

事務長 赤松 雄一

桜満開  令和3年3月12日(木)

 千寿の郷の桜は一足お先に満開です!
 今年も見事に咲きました!

生活相談員 西原 多都子

ひな祭りおやつ編  令和3年3月3日(水)

家族会様からご支援をいただき、ケーキを購入させていただきました。ありがとうございます。 
ボリューム満点、見た目も満点、味わっても満点なケーキに皆様盛り上がっておられました!ひな祭りらしい色遣いとなっているのもポイントです!

管理栄養士 西﨑 彩織

ひな祭り行事昼食編  令和3年3月3日(水)

 本日は、ひな祭り♪昼食メニューは“ちらし寿司”“菜の花のお浸し”“昆布豆”“花麩入り清汁”と春も感じていただける彩り豊かなメニューで特にちらし寿司は入居者様に好評でした!
 『綺麗~』『美味しそうー!』など話も盛り上がり、ニコニコ笑顔で召し上がってくださいました。
 今後も少しでも季節を感じられる食材や、目で見て楽しめる!食べても美味しい!など、五感で味わっていただける食事を提供していくように努めていきます。

管理栄養士 西﨑 彩織

旧倉庫の再利用  令和3年2月19日(金)

 新しい倉庫を購入。ただ新しい備品を購入しても以前使用していた備品は新たな形で活用していくという精神が千寿の郷にはあります。
 新しい倉庫の隣に今まで頑張ってくれていた以前の倉庫も存在し、今後も活躍してくれます。


事務長 赤松 雄一

新しい倉庫の設置作業風景  令和3年2月19日(金)

 施設を開設し、18年が経過。いたるところが経年劣化してきています。倉庫もその一つです。
 長年使い込んだことで開閉がうまくできません。そのため、新しい倉庫を購入しました。本日は業者さんによる新倉庫設置をおこなってもらっています。

事務長 赤松 雄一

ご家族様からのお花の提供  令和3年2月17日(水)

 特養入居者様のご家族様から施設に飾っていただければとお花の提供をしていただきました。入居者様にまずご確認いただき、ご家族様がご持参していただいたものであることをお伝えすると『そう。』と笑顔を見せてくださいました。
 お花を飾らせていただくことで、施設内の雰囲気が明るくなりました。ありがとうございます。

特養生活相談員  佐野 悟

獅子舞行事  令和3年2月11日(木)

 今年もデイサービスに獅子舞がやってきましたッ!
 完成度ももちろん、ご利用者様と一生懸命この日のために作成したので嬉しさも倍増です!
 ご利用者様からは『頭、かんでー!』と好評で、皆さん順番待ちでした。

生活相談員 西原 多都子

書初め行事  令和3年1月5日(火)

 昨日から年始のデイサービス営業を開始致しました。
 昨年同様、今年の抱負や思いを筆でご利用者様がそれぞれ表現してくださいました。
 達筆であるのはもちろん、想いのこもった書初めとなっています。

生活相談員 西原 多都子

絵馬作り行事(DS)  令和3年1月4日(月)

 デイサービスご利用者様、一人ひとり願いを込めて絵馬を書かれています。
 『笑顔で過ごせますように』『家内安全』『コロナに負けるな!』『元気で過ごせますように』『良い一年になりますように』etc.
 全ての方の願いが叶いますように…

生活相談員  西原多都子

ガバナンスの強化を目指して  令和3年1月1日(金)

 令和3年1月1日より、介護長として“野口 直樹(のぐち なおき)”を採用致しました。
 野口は以前にも千寿の郷の勤務経験があり、他法人では、生活相談員(特養・短期入所・通所介護)、副施設長、施設長と経験を積み重ねてまいりました。
 その経験をいま一度、千寿の郷で役立てたいという思いがあり、今回、介護長という役職で採用することとなりました。
 ガバナンスを強化し、より良い施設へと考えておりますので、ご理解・ご支援いただけましたら幸いです。


〈本人より挨拶〉
 日頃より特別養護老人ホーム千寿の郷の事業に対しまして、ご利用者様はじめご家族様、地域の皆さまと、多くの方々から暖かいご支援とご協力を賜り、お礼と感謝を申し上げます。
 令和3年1月1日より、介護長として入職致しました野口直樹(のぐちなおき)と申します。
 福祉業界で18年培ってきた経験を活かし、ともに働く職員が大きな存在であることを理解し、千寿の郷理念を念頭に、そして“人として”を忘れず、皆さまと真摯に向き合い、皆さまがいつまでも健康で、笑顔あふれる生活が送れますように努力してまいりたいと思っております。
 また地域の皆さま方が気軽に立ち寄っていただける、相談していただける、地域と施設が共存できる施設を目指してまいります。
 今後とも、ご指導ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

令和3年1月吉日                 
社会福祉法人滋賀同仁会     
特別養護老人ホーム千寿の郷
介護長  野口 直樹  

2020年度大津市認知症ケア向上研修(オンライン)  令和2年11月20日

 2020年度大津市認知症ケア向上研修(オンライン)に職員が参加。1日目は「認知症の疾患理解と認知症ケアの基本的な考えについて」講師:社会福祉法人湖青福祉会ケアタウンからさきケアハウス施設長 大江 芳征様(滋賀県認知症介護指導者)の講義でした。
 認知症の定義・認知症の原因疾患・病因による分類・区別すべき病態・せん妄と認知症の違い・せん妄の分類・うつとアルツハイマー型認知症の違いなど基本的知識から日本介護福祉士会倫理綱領・倫理4原則・倫理のジレンマを勉強し、“その人らしく、持てる力を発揮して地域の中で暮らし続けるための支援を伴奏者としての役割を担う”介護に携わる『私たちの役割』であることを再確認することができました。

白子 道哲

暑い中での熱い(五目並べ)対戦!  令和2年8月15日(土)

 ご利用者対職員の熱~い戦いが開催ッ!
 只でさえ、気温も暑いなか、対戦による熱気で更に熱さが増しています。他の職員やご利用者も近寄れないくらい。
 さぁ~!どちらが勝つでしょうか!?
生活相談員 西原 多都子

本物!?(向日葵)  令和2年8月3日

 本物!?
 思わず見間違える出来栄えです(笑)
 上手に咲いたと自画自賛です!
生活相談員 西原多都子

打ち上げ花火作成中!  令和2年8月1日(土)

 新型コロナウイルス感染症による外出自粛が続く中、花火大会中止が相次いでいます。ご利用者様も職員も楽しみにしていましたが、ここは我慢!
 打ち上げ花火を想像しながら画用紙いっぱいに色とりどりの花火を描いています。
生活相談員 西原 多都子

高く泳ぐ鯉のぼり  令和2年5月5日(火)

 端午の節句、鯉のぼりを作りました♪
 今回の鯉は鱗が特徴となっています。ご利用者様はご自身の孫の成長について、職員や他のご利用者様に楽しそうに話しながら作成しておられました。
 この鯉は高々と大空を泳いでくれそうです。
生活相談員 西原 多都子

桜満開!!!  令和2年4月15日(水)

 今年の春はコロナ禍で外出自粛…
 ご利用者様から『桜が見たい…』『花見をしたい!』と声が寄せられ…
 それなら咲かせて見せましょう!この千寿の郷デイサービスでッ!と本物に負けないくらいの桜を満開に咲かせました!
生活相談員 西原 多都子

赤い羽根共同募金助成事業で防災リヤカーを購入しました!

非常災害に備え、入所者の避難及び水、食糧、毛布などの生活必需品の運搬など幅広く利用可能な防災リヤカーを購入しました。
 
この度、避難移動や生活必需品の運搬などに幅広く利活用できる防災機器整備事業に応募し、助成を受けることができたことを喜んでいます。限られた予算の範囲内において、皆様の貴重な寄附により購入できることに感謝するものです。本当に有難うございました。

秋祭りありがとうございました!

今回特養のご家族様にお送りしています「千寿の郷通信」から一部抜粋させていただきました。
平成30年度の秋祭りは皆さんのご協力を賜り、大成功に終わりました。
改めてお礼を申し上げます!
 
※左の画像は拡大できます。当日の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。また、「ギャラリー」から他の写真もご覧いただけます。

施設間交流会(ガル、ぽかぽか、千寿の郷)

2018年9月14日 施設間交流会を開催しました。
 
(福)しが夢翔会 ステップ広場ガル様
(福)ノエル福祉会 ぽかぽか様
(福)滋賀同仁会 千寿の郷
上記三施設は全て別の法人ではありますが
地理的に上から「ぽかぽか」「千寿の郷」「ガル」と隣り合っているため
以前から緊急時に限らず連携を図っていきたいという話があり、
今回、千寿の郷 地域医療介護連携委員会の働きかけで
各施設長と現場職員を交えた三施設の交流会が実現しました。
 
初めての試みではありましたが、自己紹介に始まり
地域との関わりについて現在取り組んでいることや課題を挙げ
また、防災訓練の相互参加や行事の招待、物品の貸し借り等
積極的に交流を図っていくことが確認され、
お互いにとって非常に有意義なものとなりました。
 
お忙しい中ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
定期的に交流していくということもお約束しましたので
第二回目も楽しみにしております。
 
また、これを機にガル様、ぽかぽか様のホームページのリンクを
トップページに作成しますので、是非一度ご覧ください。

社交ダンスサークル・フロンティアの皆さんに来所いただきました

2018年9月10日 普段は毎週月曜日の午後1時から2時間
澤井先生のご指導のもと、瀬田南公民館で練習されている
社交ダンスサークル・フロンティアの皆さんにお越しいただきました。
 
3月に代表の西尾様よりご連絡をいただいてから
何度か打ち合わせをし半年かけて実現することができました。
演目は「マジックショー」「社交ダンス」「二胡の演奏」と
皆さんとっても芸達者で職員も一緒に楽しませていただきました。
 
どれも千寿の郷で演じられるのは珍しく
ご利用者も最後まで興味深く見守っておられました。
 
まずマジックショーです。
テーブルにずらっと並べられたグッズがおわかりでしょうか?
森田さんの巧みな話術と技術で
これらから次々に不思議な現象が起こるんですよ。
その度にご利用者は目を丸くしたり、歓声をあげたり大喜びでした。
 
なんとこの森田さん剣道の七段(!)の達人なんですよ。多芸ですね!
次に社交ダンスです。
 
会場はそんなに広くありませんでしたが、
さすが紳士と淑女の皆様はそんなことをものともせず
背筋をピンと伸ばして優雅に踊っておられました。
写真でも分かるように衣装も正装でばっちり決めておられます。
 
とても堂に入った社交ダンスでご利用者も
見惚れておられました。
最後に二胡の演奏です。
 
現物を見るのは初めてでしたが
何とも郷愁を誘う美しい音色でした。
普段聞いている歌でも
楽器が変わると全然聞こえ方が変わるものですね。
新鮮でとても良いものを聴かせていただきました。
 
社交ダンスサークルの西尾さん、演じていただいた皆さん
本当にありがとうございました。
また是非、千寿の郷に来てくださいねlaugh
 

秋祭り情報!

9月22日(土)開催予定の秋祭りについて追加情報ですenlightened
 
<出演者情報>
SOUL LOVE SOUND (キッズダンス)の出演が決まりました。
公式ホームページ:http://sls1997.blog.fc2.com/
その他にもたくさん出し物を準備していますのでお楽しみに!
 
<物販情報>
・地域の方の野菜販売
・滋賀保護院の利用者が作成された小物の販売
を予定しています。
 
※当日雨天の場合は
 ■館内で実施するなど規模を縮小しての開催となります。
 ■模擬店はありませんのでご注意ください。

特殊浴槽(座浴)を更新しました!

設立当初より使用していたデイサービスセンター内の特殊浴槽(座ったまま入浴ができる浴槽)が8月17日に新しくなりました! 以前から新しくしたいという話は出ていたのですが、予算の都合上ずっと更新ができないまま来ていました。それがこの度、幸運にも公益財団法人JKA様からの補助を得られることとなり、最新の特殊浴槽設備を導入することができました。JKA様につきましてはトップページにリンクがありますので、詳しくお知りになりたい方はそちらからご覧ください。
ご利用者が重度化する中で、特殊浴槽は非常に重要な役割を担っています。家で気軽にお風呂に入れない方であっても、温かい湯船に、自然体のままゆっくりと、かつ安全に浸かっていただくことができます。福祉用具も日進月歩の世界ですから、千寿の郷設立当初にあったものとは比較にならないほど、進化しています。それゆえ選択肢は沢山あったのですが、多職種で議論を重ね、また実際に浴槽をいくつも職員が直接見に行き、その結果、千寿の郷のハード面ソフト面を勘案して、より千寿の郷で使用するのに適したものという基準から導入を決定しました。導入にあたり、酒井医療様の熱心で丁寧な事前レクチャーを受け、職員は早く使ってみたくてウズウズしているようです。
やはり新品はピカピカで見ているだけで嬉しくなります。決して安い買い物ではないのですが、入浴を目的としてデイサービスに来られる方も多く、ご利用者やご家族にとって安心して入浴できる場所がある、というのは大切なことなのです。そこに今回、かゆいところに手が届く最新の特殊浴槽が導入できたので、より安全に心地よく入浴していただくことが可能になりました。また、今まで千寿の郷では入浴のしづらかった方であっても、職員の負担も少なく入浴できるようになりました。
今回JKA様から補助を受けられることになったのは全くの偶然であったとは思いますが、千寿の郷にとっては素晴らしいタイミングでの新浴槽導入となりました。沢山の機能がついていますので、使いこなすまで少し時間がかかるかも知れませんが、地域の皆様に喜んでいただけるよう大切に使っていきたいと思います。
JKA様、本当にありがとうございました。
また、浴槽検討にあたりご協力いただきました業者の皆様にも重ねてお礼を申し上げます。

千丈川草刈りボランティア

平成30年8月5日、この日は日曜日でしたが、千寿の郷のすぐ横を流れている千丈川の周囲の草刈りを地域住民の方がされるということで、千寿の郷の職員もボランティアとして参加しました。
これは地域の方と交流できる機会でもあり、また、地域へ貢献できる機会でもあるため、是非千寿の郷からも参加したいという職員からの意見をもとに「千寿の郷・地域医療介護連携委員会」が提案したものです。千町自治会の方と何度か打ち合わせをさせていただき、最終的に快くボランティアの受け入れをしてくださることとなりました。
当日は朝8時集合にも関わらず、集合したときにはすでに猛暑でしたが、協力し合いながら怪我もなく無事に終えることができました。千寿の郷は地域の方のこういった見えにくい努力に支えられていることを改めて感じることができました。これからも地域の方との交流を深めていきたいと思います。

予告

初夏コンサート

平成30年5月29日おなじみ、ポコアポコのコンサートが開催されました。職員がメンバーにいるため、相変わらず宣伝効果は抜群で、この日も始まる前から満員でした。外は少し暑くなってきましたが、コンサートの熱気で千寿の郷はさらに熱くなっていましたよ!ポコアポコはジャズから童謡まで楽曲の幅広さが多様なニーズを満たしているため、既に固定ファンが多数います。また次回も楽しみにしていますね!
 
※その他の写真はギャラリーへどうぞ

接遇研修

平成30年2月27日と28日の2日にかけて、昨年に引き続き、田中淳博先生に来ていただき接遇研修を開催しました。接遇と接客の違いなど、昨年のおさらいに加え新しい内容も教えていただきました。去年よりもさらにパワーアップした内容で後半は職員がモノマネ(!?)をしてそれを別の職員が当てるなど、笑いの絶えない研修となりました。田中先生、楽しく理解のできる研修をありがとうございました。

オータムコンサート

平成29年11月15日職員有志とゲストのバンド「ポコアポコ」によるオータムコンサートを開催しました。施設内で広告していたこともあり、当日は満員御礼となりました。しかし、舞台慣れしている人たちばかりなので、観客の期待以上の演奏をしてくれました。実は夜中集まって何度も練習してくれていたそうです。次回は春にしたいということでしたので、また楽しみに待ちたいと思います。

威風堂々!剣扇詩歌の舞

平成29年9月6日(水)颯水流(そうすいりゅう)碧彗会(へきすいかい)の皆様に剣扇詩歌の舞をご披露いただきました。十一の演目を吟詠と歌謡の曲に合わせて、時には勇ましく剣を振り、時には扇を使った舞でご利用者や職員を魅了していました。どの演目も指先にまで集中されていて、美しくかつ大迫力で、息をつく暇もなくあっという間に最後の演目が終わってしまいました。ご利用者も特養、ショート、デイ、ケアハウスから見に来られ超満員で皆さん満足されていました。影のアナウンスは千寿の郷職員の藤田が慣れない中、務めさせていただきましたが、碧彗会代表の洞颯碧様に丁寧にフォローしていただきながら、何とか無事に終えることができました。碧彗会では現在、体験教室を開いておられますので、興味のある方は下記をご参照ください。碧彗会の皆様、本当にありがとうございました!

 

颯水流碧彗会プロフィール

代  表:洞 颯碧(ほら そうへき) 電話:090-8204-5411

稽古会場:大津市晴嵐公民館 3Fホール

稽古日時:毎月第1、第3、第4水曜日 13301630

京都精華大学×千寿の郷

平成29年7月2日(日)京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 ポピュラーカルチャー学科 音楽コース 永田純特任教授をはじめ様々な方のご支援・ご協力を得て京都精華大学4回生中田瑞さんによるピアノ弾き語りが実現しました。
当日は、永田先生、中田瑞さん、カメラマンの益戸優さんの3名に来ていただきました。やはり生の歌声はいつも聴いているCDの音楽と違い、歌が始まった途端「はっ」とされるご利用者もおられました。ずっと音楽に携わってきた中田さんの演奏や歌はとても上手で、よく通る歌声はご利用者の心に響いていました。素敵な演奏と歌声を披露してくださった中田瑞さん、演奏会実現のために奔走してくださった永田純先生、アシスタントの益戸優さん、本当にありがとうございました!是非また遊びに来てくださいね!
中田 瑞(なかだ みずき)さん
 
京都精華大学4回生。小学生の頃からピアノの才能をいかんなく発揮し、中学校三年生のときYAMAHA主催のコンサートにおいて自身が作曲した楽曲が3000曲中の15曲に選出される。現在もピアノ演奏や弾き語りのライブ、楽曲提供等で幅広く活躍中。
永田 純(ながた じゅん)さん
 
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 ポピュラーカルチャー学科 音楽コース特任教授。様々な著名ミュージシャンと関わりつつ、MusicCreators'Agent代表理事を務めるなど、音楽業界の未来のために精力的に活動を続けている。著書に「次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル 自分を作る・売る・守る!次世代ミュージシャンのオンガク活動ハンドブック 知恵とノウハウ、みんなでシェア!」がある。

予告

沖縄琉舞を見せていただきました

平成29年4月3日(月)名嘉京子琉舞研究会の皆様が沖縄から来られるということで、日程調整の上、千寿の郷で琉舞をご披露していただくことができました。
この日のために早朝から準備していただいた伝統衣装・琉装は色鮮やかで美しく、それを身にまとって踊られる姿はとっても迫力がありました。音楽も独特の調子でまるで沖縄にいるかのような気分を味わうことができました。
 
名嘉京子琉舞研究会の皆様、手作りのお土産まで頂戴し本当にありがとうございました。ちょうどこの日は29年度の初日だったのですが、とても縁起が良いスタートとなりそうです。

施設見学会を実施しました。

平成27年4月に発足しました千寿の郷地域医療介護連携委員会の企画により平成29年3月26日(日)に施設見学会が実現しました。
これは地域貢献の一環として、また地域の方々に千寿の郷がどのような施設であるかを知っていただくことを目的としたものです。
今回は千町の自治会役員と民生委員の方をお誘いし、12名の方にご参加いただきました。
特別養護老人ホームをはじめ5事業所の事業内容や、どうすれば利用できるのかなどを紹介をさせていただきました。実際に居室や浴室を案内したり利用者様と同じ昼食を召し上がっていただく中で、興味や関心を示され、時折笑い声も聞かれるなど、終始和やかなムードで終えることができほっと胸をなでおろしております。
これを皮切りに、今まで以上に千寿の郷が地域に根差した施設となっていけるようこれからも邁進していく所存でございます。

春待ちコンサート開催!

平成29年3月16日(木)1階のフロアを使って、職員+有志による「春待ちコンサート」が行われました。
元々3月上旬に行う予定でしたが、感染症の状況等を鑑みて延期になった経緯があり、ご利用者はもちろん練習を重ねてきた演奏者もこの日を心待ちにしていました。
この日はピアノ、マリンバ、エレキギター、エレキベース、トロンボーンを使用しました。誰でも知っていて一緒に歌えるような曲ばかりだったので、ご利用者もノリノリでとっても楽しい時間を過ごすことができました。

接遇研修を実施しました

昨年に引き続き平成29年3月16日、17日の2日間に分けて全職員を対象とした接遇研修を実施しました。接遇は私たち介護に携わるものにはとても重要なテーマになります。慣れてくるとつい緩んでしまいがちなことになりますので、定期的に勉強させていただいています。
 
今年度はアニモ代表の田中淳博先生をお招きしてお話を聞きました。時おり笑いを挟みながら、職員にもすっと理解ができるような研修であっと言う間に時間が経っていました。マナーやあいさつ、接客と接遇の違い等基本的なところでも、はっと気づかされるところがあったり、楽しく学ばせていただきました。田中淳博先生ありがとうございました。

大平保育園の園児さんたちが遊びに来てくれました!

平成29年3月6日(月)千寿の郷の裏にある山道を越えて大平保育園の園児さんたちがご利用者に会いに来てくれました。いつも保育園から歩いて来てくれるのですが、子どもたちの元気で賑やかな声が空に響き始めると千寿の郷の中にいても近づいてきているのがわかり、そろそろ到着だなとこちらも玄関でお出迎えの準備をします。
平成28年度は保育士さんとも年度当初から打合せをして、年4回来ていただくことになっており、今回が最後になりました。いつ会っても元気いっぱいな子供たちからご利用者も沢山元気を分けていただきました。またお会いできるのを楽しみにしております。この場を借りて大平保育園の園児さん、先生の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

家族会によるクリスマス会

平成28年12月14日(水)、家族会の方によるクリスマス会が今年も開催されました。
プロの方によるトランペットの演奏は皆さんうなって聞き入るほど上手で、職員もつい仕事の手を止めて聞いてしまうほどでした。また家族会の方もサンタクロースに扮してご利用者にプレゼントを渡しながらクリスマス会を盛り上げていました。
家族会の方にはいつも助けていただいて本当にありがたいなと思っています。

消防訓練を実施しました。

年に2度の消防訓練が義務付けられていますが、10月28日は夜間を想定した訓練を行いました。職員が少ない夜間であってもご利用者の安全を最優先に確保しなければなりません。消防隊員の方もいつも親身になって訓練にご協力をいただいております。もちろんスプリンクラーなどの設備に不具合がないかも定期的にチェックをしてご利用者やご家族の方にもご安心いただけるように努めています。

平成28年度秋祭りを開催しました!

平成28年9月19日(土)今年こそは台風の影響で雨が降るかも知れない、という不安を抱えながら準備を進めて参りました秋祭り……でしたが、奇跡的に暑いくらいの快晴に恵まれました(次の日は大雨でした)。総勢410名を超える参加人数で、大変盛り上がっていました。ご協力をいただきました沢山の方々に感謝申し上げます。

ピアノ&マリンバ演奏会

平成28年6月29日 職員とその娘さんによるピアノとマリンバの演奏会を開催しました!
お母さんはピアノをずっと学ばれていて、娘さんは音大に在籍している本格的なミュージシャンなんですよ。以前から企画はあったのですが、この度やっと実現することができました。
マリンバというのは木琴の一種で、分解して運ぶほどすごく大きな打楽器です。間近で見たご利用者も驚いておられました。
親子ならではの息の合ったコンビは掛け合いもとっても上手で観客を惹きつけていました。途中からはデイサービスの職員とご利用者の乱入もあってさらに賑やかになりました。
曲目は童謡からクラシックまで幅広く、だけどどこかで聞いたことのある耳馴染みの良いものばかりで、聴衆を飽きさせることもなくすぐに時間が経ってしまいました。

車両贈呈式!

このたび日本財団より、車両の助成を受けられることになりました。公益財団法人日本財団はさまざまな社会問題の解決に取り組んでおられる組織で、毎年福祉車両の助成をされています。平成28年2月29日に車両の贈呈式が行われました。
以前から使用しているキャラバン(日産)の最新のモデルということで、スムーズに運用できそうです。このカラフルな車体は利用者様の目にも止まりやすいのではないでしょうか。
現行のリフトカーは設立当初からのもので走行距離が25万キロを超えていることから、近々の買い替えを考えていましたが、経営状況等を踏まえ先延ばしになっていました。今回ありがたいお話を頂戴し、やっと新しい車両に更改ができ、利用者職員ともども喜んでおります。日本財団の皆様、本当にありがとうございました。

電機連合滋賀地方協議会から洗濯機をいただきました。

平成28年2月12日 電機連合滋賀地方協議会 第1区地区連絡会議様から洗濯機をご寄附いただきました。
様々な物品が老朽化していく中で非常にありがたいことです。関係者の皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。大切に使わせていただきたいと思います。

年賀式を行いました。

1月1日年賀式を特養のご利用者様と一緒に行いました。平成28年になり、また気持ちも新たにより良い施設を目指してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

大菊同好会の皆様ありがとうございました!

平成27年11月13日(金)大菊同好会の皆様に来ていただきました。千寿の郷開設当初から綺麗な菊の花を毎年届けていただいておりましたが、都合により今年が最後になってしまうということで、千寿の郷より感謝状を贈らせていただきました。永年にわたり、大切に育てていただいた菊を千寿の郷にわけていただきありがとうございました。
大菊同好会の皆様

平成27年度滋老協研究協議大会で発表をしてきました

平成27年11月11日(水)特別養護老人ホームの井上所長が滋老協(滋賀県老人福祉施設協議会)研究協議大会の分科会で発表を行いました。テーマとしては「自己決定の尊重」等少し固いものでしたが、私たち社会福祉施設とは切っても切り離せない重要な内容で、会場の皆様にも真剣に耳を傾けていただきました。発表後は鋭い質問もあり、有意義な時間となりました。参加いただいた皆様、滋老協の皆様、ありがとうございました。

ちんどん屋さんに来ていただきました!

平成27年11月10日(火)ちんどん屋さんに来ていただきました!多種多彩な出し物を次から次へと見せていただき、あっという間に1時間半が経ってしまいました。特養、ショート、デイ、ケアハウスから沢山見に来ていただき最後まで盛り上がっておられました!
土田さん本当にありがとうございました!
→職員も土田さんの話術に乗せられて仮装をしながら楽しく参加させていただきました。
どの職員がどんな仮装をしていたかご利用者に当てていただきましたが、職員が順番にお面を外す度にご利用者からは笑いと喝采が聞かれました。普段は見られない職員の意外な一面が発見できましたか?

救急講習を実施しました!

平成27年11月5日(木)大津市消防署の救急救命士を講師に迎え概ね採用後2年未満の新規職員等を対象に講義及び救急講習を実施しました。約1時間半でしたが、実技もみっちりと行い非常に密度の濃い講習となりました。今後も定期的に講習を実施していきます。

平成27年度秋祭り開催しました!

平成27年度秋祭り!
 
平成27年9月19日(土)今年も見事な秋晴れの中、毎年恒例の秋祭りが実施されました。述べ約400名の参加で大盛況のうち幕を閉じることができました。ご協力いただいた皆様、一緒に楽しんでいただいた皆様、まことにありがとうございました!

平成26年秋祭りについて

■唐崎太鼓!
平成26年秋祭り情報
 
<日 時> 平成26年9月20日(土) 15:30~18:00(雨天中止)
<場 所> 千寿の郷 芝生広場
<出し物> コーラス(デイサービス利用者&職員)
      唐崎太鼓  など
<お 店> おでん、カレー、から揚げ、たこ焼き、フランクフルト
      みたらし団子、ソフトクリーム、焼き鳥(家族会)、わらび餅(家族会)
      お茶、ジュース、ノンアルコールビール、ビール
      ビールのみ200円、他は各100円です。(追加も同額になります)
      食べ物全部+飲み物1つのセットチケットは800円になります。
 
毎年計400名ほどのご参加をいただいています秋祭りを今年も開催します!
お時間の合う方は是非おこしくださいヽ(´▽`)ノ

家族会

特別養護老人ホームに入所されているご家族で組織されている家族会の皆様には、特養の運営だけでなく、秋祭りにも大変ご協力をいただいています。
 
毎年恒例の焼き鳥とわらび餅を今年も出店いただきます。
売り切れが出るほど人気なのでお早めにどうぞ!
TOPへ戻る