本文へ移動
社会福祉法人 滋賀同仁会
特別養護老人ホーム 千寿の郷
〒520-0860
滋賀県大津市石山千町276番地の1
TEL.077-531-1105
FAX.077-531-1107
 
AEDは1階事務所にございます。
公共交通機関をご利用の場合
 JR石山駅/京阪石山駅から千寿の郷経由 南郷二丁目東行のバスをご利用ください。


※当施設は電話でのセールス・販売等は一切お断りしております。ご了承ください。
0
4
2
8
5
1

NEWS&トピックス等

洋服の出張販売レクリエーション(ケアハウス)  令和4年11月16日(水)

 新型コロナウイルス感染症の影響でここ数年外出ができないこともあり、衣類の購入を希望される方が多くおられました。
 今回は彦根市の洋服店WEARPLUSさんのご協力により実現することができました!
 感染症対策として屋外での開催でしたが、寒さを忘れるほど興奮して皆さん購入されていました(^^♪
 購入後、早速着て『今の服は軽くて暖かいわ。』と喜んでおられました。

ケアハウス生活相談員 山田 千恵子

防草シート張り  令和4年11月14日(月)

 ここ数か月、草刈り作業を参加できる職員で何度も実施していましたが、敷地が広いため刈った場所が数か月後には生い茂っていました。
 職員と話し合い、防草シートを張ってみることにしました。
 まずはステップ広場ガル(社会福祉法人しが夢翔会)さんとの間にある法面が特に広大で、ご迷惑をおかけしていることからその部分から取り掛かりました。
 簡単な作業と思っていたのが大変な間違いで、力も技術も必要でおまけに急斜面であり貼っていると職員が転げ落ちていくことが何度もありました。落下防止のため素足で作業をする職員もいましたが、底冷えして途中何度か後悔していました。
 ただ何とかそれなりに完成できてよかったです。

所長 八田 和也

畑完成  令和4年11月14日(月)

 数日前から八田和也所長はじめ介護長、事務長、通所介護利用者の方々が畑を耕しておられましたが、面積が広すぎて追いつきませんでした。
 今日は耕運機を職員が、自宅から持ってきてくれたため作業がはかどりました。それでも草の根や石を取り除く作業や畝を作り直す必要があり、赤松雄一事務長はじめ、小河彩織管理栄養士リーダー事務員、服部直美通所介護介護職員、加賀城小百合看護師と私での5名が手作業で耕しました。
 通所介護の利用者の方だけでなく、特別養護老人ホームやケアハウスに入居されている方々にも“土に触れる”“育てる”“収穫する”“食す”を味わってもらえるよう工夫していきたいと思います。

特養生活相談員 粟津 明子

除草作業  令和4年11月14日(月)

 今日は施設全体で、“除草作業”“防草シート張り”“畑を耕す”作業を行いました。
 除草作業については、ここ1か月で何度か手分けしたことで残すは千丈川沿いの法面だけとなっていました。
 危険な箇所であり、またマムシもたまに出没するため安全確認しながらの作業でした。
 畑を耕す作業も同時並行で進めていたのを近くで農作業をされていた地域の方から、グリーンピースとスナップエンドウの苗をいただきました!
 『ありがとうございます。』
 大切に育てていこうと思います!


特養介護職員 上田  亮平
特養介護職員 溝畑   音
ケアハウス生活相談員 山田 千恵子

畑作り(DS)  令和4年11月11日(金)

 秋晴れの下、施設内にある畑を八田和也所長、野口直樹介護長、赤松雄一事務長が耕しているのを(通所介護の)利用者の方々がみて、『私も手伝いたいな。』『あそこで野菜を作りたいな。』などの言葉がみられたため、急遽11:00から利用者の方々にも参加していただきました。
 長い間、放置されていたことから雑草や根も生い茂っており、石もたくさんありましたが、ひと畝分作ることができました。

通所介護介護職員 服部 直美

散歩(特養3階)  令和4年11月11日(金)

 天気が良く、敷地内の畑を事務所職員が耕しているのを見て、入居者の方がみてみたいと言われました。
 外気に触れて皆さん自然と笑顔がみられました。
 畑を耕している職員と『良い土やでここは、何が育つかな!?昔は私も耕してたわ。』などと楽しそうに話をされていました。

特養副主任介護職員 森田 優子

畑を耕す  令和4年11月10日(木)

 以前、他事業所の介護支援専門員の方々から『千寿の郷さんは(通所介護のレクリエーションの一環として)畑をされていましたね。利用者の方から好評でしたよ。』との声をたくさん頂くことがありました。
 入居者の方、利用者の方が日々の生活の中で楽しみや生きがいに繋がるものはないかと考え、数年間使用されていない畑を耕すことにしました。
 思ったよりも雑草の根が多く石もたくさんあり、苦戦を強いられていますが続けていこうと考えています。

介護長 野口 直樹

三浦洋平・河島久徳外部講師 トランスファーに関する研修  令和4年11月9日(水)

 19:15~20:45の90分間、トランスファーの研修を三浦洋平氏(一般社団法人愛生会ヘルパーステーション愛生会おおやけの里介護主任)と河島久徳氏(社会福祉法人京都社会事業財団介護付有料老人ホームライフ・イン京都課長代行)に実施していただきました。
 ベッド⇔車椅子の移乗方法について実技を行う前に、“基本姿勢としての座位の必要性”“自立動作のポイント”などを学び、その後に実技を行ったことで参加した職員からは理解することが容易にできたとの声がたくさん聴かれました。
 当施設には無資格未経験の職員以外にも、有資格者であっても介護技術の知識を学ぶ機会が少なかったために、我流の介助方法を行い自身にも入居者の方にも負担を強いる介助方法となっていたことを認識した職員もいました。
 今回の研修を活かし、入居者様にも自身にも負担の少ない介護を実践していこうと思います。

介護長 野口 直樹

人権擁護・虐待防止委員会主催 虐待及び人権擁護について考える研修  令和4年11月9日(水)

 16:30~17:00、人権擁護・虐待防止委員会主催で虐待に繋がる日々の職場内人間関係について、白子道哲副主任介護職員、粟津明子生活相談員、横江勝義介護職員、岡野愛理介護職員、田中麻美介護職員が研修を行いました。
 職員間のコミュニケーションの悪化から不安や焦り、不快感を覚え、高齢者への虐待に繋がるケースがニュースで取り上げられることがあります。研修ではグループワークでどのように解決していくかを話し合い、話し合った内容を発表し共有しました。
 関係悪化が言葉の乱れ、情報共有不足、チームとしての機能が果たせない、職員自身も働きにくい環境を作ってしまうなど様々な弊害がみられるようになる。
 日々の挨拶や相手を思いやる声掛けを一人ひとりが意識していくことが大切だと改めて共有しています。

介護長 野口 直樹

感染症・褥瘡予防委員会主催 褥瘡予防研修  令和4年11月9日(水)

 16:00~16:30に感染症・褥瘡対策委員である田中みち代リーダー看護師、大石生子看護師、横江勝義介護職員、西原多都子生活相談員、白子道哲介護職員、千葉健太郎介護職員が中心となり、褥瘡について研修を行っています。
 褥瘡の発生要因である“圧迫”“摩擦”“不潔・蒸れ”“栄養不足”をどのように対策していくかを知ることができました。
 高齢の方は一旦褥瘡が発生してしまうとなかなか治癒することが難しく、日頃のケアで気づいたことを職員間・部署間で発信共有し、早期に対応することが大切であることを再認識しています。

介護長 野口 直樹

中川浩次外部講師 ノロウイルス食中毒防止衛生研修会 令和4年11月9日(水)

 15:30~16:00の間で、当施設の給食委託業者である株式会社魚国総本社京都支社衛生環境部グループリーダーである中川浩次氏をお招きし、食中毒の中でも ノロウイルスを中心に話をしていただきました。
 新型コロナウイルス感染症が蔓延してからインフルエンザウイルスやノロウイルスの話題が少ないですが、入居者の方にとってはノロウイルスの感染は命にもかかわる食中毒であります。
 中川氏からは“ノロウイルスに関する基礎知識”“ノロウイルス対応の難しさ”“トイレからの拡散を防ぐ”“正しい手洗い方法”“嘔吐物処理方法”など丁寧に説明いただきました。

介護長 野口 直樹

身体拘束廃止委員会主催 身体拘束に関する研修  令和4年11月9日(水)

 14:00~14:45と14:45~15:30の二部に分けて、身体拘束に関する研修を向井主任介護職員、上平美乃里生活相談員が中心となり、職員へ実施しています。
 今回の研修は目が見えにくくなった方や耳が聞こえない方が、手足を動かすことができない状態で、車椅子に座り声掛けなしに移動や放置された場合、どのような精神状態となるのかを体験する研修でした。
 体験した職員からは『目が見えず耳が聞こえない状態がいかに恐怖か、加えて身体を動かせないことで臀部の痛みが増し、動かしたくても動かせない辛さが理解できた。』『声掛けもなく車椅子を急に動かされることの恐怖と、どこに連れていかれるのだろうという不安が強かった。』『今回の研修は時間が区切られているのを前もってわかっていたが、入居者の方は日常であり終わりがないと考えると身体拘束を行わない、声掛けをしっかりと行うなどの常に意識していきたい。』との声が多く聞かれました。

介護長 野口 直樹

屋台村レクリエーション(特養3階)  令和4年11月7日(水)

 今年もコロナ禍で秋祭りが中止となったことを受けて、特養3階フロアで職員手作りの屋台村を開きました!
 お昼はおでん、ピザ風春巻き、プリンを、14:00のおやつの時間は今川焼を提供しています。
 普段と違う雰囲気の中、熱々おでんや今川焼を笑顔で頬張っておられました(^^♪

特養介護職員 千葉 健太郎
       工藤 三千代
管理栄養士  小河  彩織
       植野 かおり

除草作業  令和4年11月4日(金)

 敷地及び周辺道路が雑草で覆われているため、8:45~17:00と一日かけて約15名の職員で手分けして除草作業を行いました。
 ステップ広場ガル施設長様も協力してくださり、何とか大半の草を刈ることができました。
 
介護長 野口 直樹

直接面会  令和4年11月3日(木)

 令和4年11月3日~11月6日の4日間に分けて、距離を保ちながらではありますが、入居者様と家族様に直接出会っていただいています。
 施設としては、“気軽にご面会できる機会の提供”を常に検討していますが、入居者様の健康、現在の施設の状況を考えると期間を設けての開催となってしまい、大変申し訳なく思っております。
 ただそのような中でも、『こうして面会できる時間を作ってもらえてうれしいです。』『職員さんも大変なのは十分理解しています。』『無理しないでくださいね。』と温かいお言葉をいただき、職員一同励みになっています。
 入居者様の中には、家族と出会えてうれしさのあまり、大きな声で歌を歌われた方もおられ、ご家族が嬉しそうに微笑んでおられる姿を拝見し、今後もできる限り入居者様とご家族様の距離が近くに感じられるよう取り組みを行っていこうと思いました。

生活相談員 西原 多津子
      粟津  明子
      佐野   悟
      野澤  昌彦

ハロウィンおやつレクリエーション  令和4年10月31日(月)

 ハロウィンの雰囲気を少しでも味わっていただきたく、厨房栄養士と厨房職員、私たち管理栄養士でハロウィンのイラストをチョコレートで描きました(*^^)v
 かぼちゃの“ジャック・オー・ランタン”やお化け、コウモリなど試行錯誤しながらもよい出来栄えだと思うのですが、どうっでしょうか!?
 入居者の方々にわかっていただけるか不安でしたが、介護職員から声掛けしてもらったことで楽しいおやつタイムとなりました(≧▽≦)
 12月以降もクリスマスなどたくさんの行事食を考えていますので、献立表を見てショートステイやデイサービスをご利用いただければと思います。

管理栄養士 植野 かおり

ハロウィン  令和4年10月31日(月)

メニュー:オムライス、キャベツとカニカマのサラダ、栗ババロア、コーンクリームスープ

 ハロウィンメニューとして、かわいらしいお化けを描いたオムライスなどを提供しています♪
 ハロウィンは日本版のお盆という感じですが、つがいがあるとすれば、怖~いお化けも一緒にこの世に帰ってくることです。
 ハロウィンで南瓜の印象が強いのは、南瓜から作られるランタン(灯)が怖いお化けを退けるという由来があるからです。
 お化けと一緒にコロナも退けてほしいと願っています。

管理栄養士 小河 彩織

Happy Halloween(DS)  令和4年10月29日(土)

 ハロウィンイベントを行いました(^^♪
 今年は利用者の方々と仮装して写真撮影やゲームをして楽しみました!
 お好きな仮面や帽子、カチューシャなど様々な小物を身に着けて、利用者の方同士で盛り上がっておられました♬
 皆で作成したハロウィン飾りと一緒に写真撮影(^O^)
 ハロウィンにちなんだゲームでは、お手玉やボール投げをして楽しい時間を過ごされています。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

運動会(特養3階)  令和4年10月28日(金)

 秋の運動会レクリエーションを行いました!
 暑さも和らぎ、心身ともに穏やかな陽気が続いています。
 入居者代表の選手宣誓があり、ストレッチ体操後に皆さんで輪になり風船回しゲームや風船バレーをしました。
 運動会の後のおやつは普段より美味しく召し上がられていたように思います(*´▽`*)

特養介護職員 千葉 健太郎
       工藤 三千代
       溝畑   音
 

令和4年11月前半分献立表  令和4年10月26日(水)

 令和4年11月前半分献立表です。
 当施設では毎月1日は赤飯ですが、11月1日に関しては寿司の日ですのでちらし寿司を提供予定です。寿司の日は60年弱続いている記念日のようです(;゚Д゚)
 その他としては寒くなってきてますので、おでんの提供も始まります♪寒さに負けず、美味しい食事を食べて元気に過ごしましょう(^O^)

管理栄養士 植野 かおり

あけび(DS)  令和4年10月25日(火)

 野山探索によく出かける職員が“あけび”を見つけて持ってきました。
 利用者の方々に何かを問いかけると『えぇっと…あれ!あれよ!喉元まで出てきてるけど。』『ちょっと待って!』と思案しておられました。
 『昔よく食べたわ!』『種ばっかりで甘いよね♪』と味はよく覚えておられました。
 皆さん手に取って昔を思い出されていたようでした。

通所介護職員 服部 直美

パスタの日  令和4年10月25日(火)

メニュー:鶏肉とキノコのソテー、マカロニのクリーム煮、ブロッコリーのマリネ、スープ、ご飯

 今日はパスタの日!パスタは世界中で人気の食材です!
 1995年10月25日にイタリアのローマで“第1回世界パスタ会議”が開催されたことを記念し、1998年制定されました。
 パスタは日本語で『麺類』と同義の概念を持つイタリア語です。イタリアでは地方独特の物も含めて650種類のパスタがあると言われています。
 日本では一人当たり年間1.7㎏消費していますが、イタリアでは20㎏を優に超えるようです。
 本日のクリーム煮も好評で、昨日から楽しみにされている入居者様もおられました(^^♪

管理栄養士 小河 彩織
 

秋の運動会(ケアハウス)  令和4年10月23日(日)

 今年も感染対策を行ったうえで、ケアハウス入居者の方全員で秋の運動会を開催しました♬
 室内での運動会ではありましたが、天気も秋晴れで運動会日和でした。
 まずは“景品ゲット輪投げゲーム”から始まり、“大玉、玉入れ”“紅白対抗風船バレー”と皆さん勝ち負けになるとより一層奮闘されていました!
 入居者の方からは『楽しかった♪』『興奮した!』と話してくださいました。 今年は白組の勝ちとなり、紅組の入居者様は『来年は必ず勝ちたい!』と今から来年の話で盛り上がっておられました。

ケアハウス介護職員  野村 真理

ステップ広場ガル様からの差し入れ  令和4年10月22日(土)

 除草作業中、ステップ広場ガル様からお茶とポカリスエットの差し入れを人数分いただきました!
 秋とはいえ、日差しが強く虫対策等から長袖長ズボンの厚手の衣類を着ていたので身体も心も満たされました。
 ありがとうございます。

事務長 赤松 雄一


除草作業  令和4年10月22日(土)

 夏に千丈川沿いと反対にある施設の法面、施設内の職員駐車場、施設玄関の除草作業を数日間かけて行いましたが、ステップ広場ガル様と当施設の間の法面が手つかずとなっていました。
 数日前にステップ広場ガル施設長様と副施設長様の来訪があり、除草作業について共同作業の有難い申し入れがありました。
 12月頃に共同で除草作業を行う予定でいますが、ほとんどが当施設の敷地の雑草であり、共同作業を行うまでに数日間かけてある程度終わらせておこうということで本日実施しました。

介護長 野口 直樹

除草作業風景  令和4年10月22日(土)

 施設の敷地内と大通りに面した歩道に雑草が生い茂っていたため、除草作業しています。
 休日返上で白子副主任介護職員、上田亮平介護職員、夜勤明けにもかかわらず向井裕貴主任介護職員と田中優生副主任介護職員が協力してくれました。加えて野澤昌彦生活相談員、赤松雄一事務長と私で8時間にわたり作業しています(夜勤明けは昼まで)。
 ステップ広場ガル様と当施設敷地の間の法面に関してはまだ半分以上、草が生い茂っているので来月に2回に分けて終わらせたいと考えています。

介護長 野口 直樹

事故対策委員会主催 リスクマネジメント研修~危険予知トレーニング~  令和4年10月19日(水)

 他の研修に続き、KYT(危険予知トレーニング)研修を事故対策委員である野澤昌彦生活相談員と森下美妃介護職員で実施しています。
 グループワークを行い、いつもの施設の生活風景を撮影したものを研修参加者がみて、どのような危険が潜んでいるかをグループワークしました。抽出されたリスクに対して職員で対策協議し、各グループが発表しています。
 研修を実施した委員が予め考えていたリスク以外にも、様々な危険が潜んでいることが把握できました。一人では一つの側面からしか見られなくても仲間と話し合うことで多面的に物事を見る良い機会となりました。
 当施設では事故に対するアプローチはある程度確立されて来ていますが、事故に繋がるヒヤリ・ハットの検証が不十分です。一つでも事故を未然に防げるためにもKYTを取り入れ、“情報収集”“共有化”“解決”を実施していこうと思います。

介護長 野口 直樹

人権擁護・虐待防止委員会主催 虐待防止研修~虐待に繋がる不適切なケアについて考える~  令和4年10月19日(水)

 他の研修と同日に虐待防止委員会主催の『虐待に繋がる不適切ケアについて考える』研修を実施しています。
 委員である森田優子副主任介護職員、西原多都子副主任生活相談員が講師役として職員に研修を行いました。
 研修の目的として、意図的な虐待ではなく、自覚なく行っていることでも正しいとは言えない介助があるのではないか。虐待防止のためにも、不適切なケアを見つけ出し、改めることで虐待を未然に防ぐことが狙いでした。
 グループワークを中心に、日々の言葉かけから虐待に繋がることを話し合い対策を検討しました。
 業務に追われて好ましくない言葉を使ったことがあり、後悔したなどの意見がありました。一人で対応せず出勤している職員同士で声掛けし合い、ケアしていくことを共有できる良い研修となりました。

介護長 野口 直樹

感染症・褥瘡対策委員会主催 感染症のスタンダード・プリコーション  令和4年10月19日(水)

 感染症の標準予防策について、感染症・褥瘡対策委員会の委員である上田喜子副主任看護師が中心となり研修内容を作成。当日は横江勝義介護職員、小川美鈴介護職員、野村真理介護職員が、スライドに合わせて手指消毒の正しい手順やグローブ及びマスク・ガウンの正しい着脱方法を職員に実践して見せてくれました。
 当施設では今年度4月から5月にかけて、特別養護老人ホーム内で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生したことで、ある程度の予備知識は得ていると考えている職員が多くいました。
 実際にはガウンやグローブの着脱方法に誤りがあり、再度の見直しが必要だということを再認識する良い機会となりました。

介護長 野口 直樹

野菜の収穫(DS)  令和4年10月17日(月)

 野菜の収穫第三弾!!
 節分に何気なく蒔いた大豆が根付き、中庭にたくさん実りました♬
 食べごろのうちに収穫してしまおうとご利用者と一緒に採りました。
 皆さん『美味しそうやなぁ~』『ずんだ餅にして食べたいな!』と既に食べる話題になっていました。最終的にはその日のうちに素材の味わいを一番感じられる塩茹で食べていただいています。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

南郷中学校からのプレゼント(DS)  令和4年10月15日(土)

 南郷中学校の皆さんからお花の苗をいただきました。
 花が好きなご利用者の方々が多くおられます。
 早速、プランターに苗を植え、何色の花が咲くのかを楽しみにされています。
 若い頃は庭の手入れで土に触れる機会があったが、最近は機会に恵まれていなかったので土の感触が新鮮と話される方もおられました。
 苗を植えたプランターは玄関先に設置したので機会があれば花が咲く時期に見に来ていただければと思います。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

中華料理イベント食  令和4年10月14日(金)

メニュー:チャーハン、ほうれん草のナムル、ゴマ団子、中華スープ

 本日は中華料理を提供させていただく日でした。
 中華といえばチャーハン!!
 一度登場したメニューではありますが、大好評につき二度目の提供となりました(*^^)v
 味付きご飯は食欲増進で皆さんの食べるペースも早いです(;^_^A
 ゴマ団子に関しては、甘いスイーツですが、一番に召し上がられる方もおられました。
 中華の日も今年は残すところあと2回!中華料理の日も定着しつつありますので、今後も喜んでいただけるよう厨房栄養士や厨房職員と協力していきます。

管理栄養士 植野かおり

令和4年10月後半分献立表  令和4年10月12日(水)

 10月後半分の献立表です。
 今月末はハロウィンがありますね♪
 おやつにはいつもより少し手をかけた物を提供しようと思っています(*^-^*)
 今はいつでも情報がみられるので、特に指定日のないご利用者の方は『献立見たよ!』とメニューを見てきていただく方もおられて嬉しいです。
 今後も半月毎に献立表をアップしていきたいと思います!

管理栄養士 小河 彩織

トマトの日  令和4年10月10日(月)

 10月10日は全国トマト工業会が制定された日で、トマト加工品の開発や品質の向上などを目的に制定された日です。
 制定日をみて“ピン”とこられた方もおられるかとは思いますが、『10』マ『10』と語呂合わせから日が決まったようです。
 10月10日はスポーツの日がメジャーですが、今後は“トマトの日”も頭の片隅に入れていただき、トマトに興味や関心を持っていただいてはどうでしょうか(*^。^*)

管理栄養士 植野 かおり

豆腐の日  令和4年10月2日(日)

 10月2日は日本豆腐協会が“もっと豆腐を食べてもらいたい!”“もっと豆腐に親しんでもらいたい!”ことから月日が『トウ月フ日』である日に豆腐の日と制定したようです(^^♪
 日頃はあまり豆腐をメインにすることはないのですが、今日は当施設も献立に豆腐を使用した犠牲豆腐を提供しました♬

管理栄養士 小河 彩織

買い物(ケアハウス)  令和4年9月27日(火)

令和4年9月27日(火)と28日(水)の二日間にかけて、ケアハウス入居者の方10名がレクリエーションの一環として、近くのスーパーへ買い物に行っています。
 新型コロナウイルス感染症予防対策として、手指消毒はもちろん、送迎車両の消毒、送迎車両の窓を常に開けて密にならないように通常よりも車両を多く出して空間を空けての対応を行っています。またケアハウス職員だけではなく、他部署職員も安全面や感染対策面から同行しました。
 コロナ禍で2年半以上買い物に出かけられない方もおられました。その分、朝からソワソワしておられ、商品を手に取る様子もとても楽しそうでした。
 陳列している品物をみて秋を感じておられる方もおられました。
 今回、買い物を行うにあたり、フレンドマート石山寺部店の社員さん方には様々な点で配慮いただきました。ありがとうございました。

ケアハウス生活相談員 山田 千恵子

消防訓練  令和4年9月26日(月)

 令和4年9月26日(月)夜間を想定した消防訓練を実施しました。
 まず建物の通報機器や警報機器等の場所や操作方法を確認。実際に施設内で火災が発生したと仮定して、消防署への通報、初期消火、避難訓練を一連の流れで行いました。
 大音量での警報やアナウンスが流れると緊張した雰囲気になりますが、職員は落ち着いて対応し、大きな混乱なく訓練を終えることができました。
 避難訓練後は消火器で消火訓練を実施。消火器は普段取り扱わない物ですが、この機会に使用方法を把握、使用することで緊急時の対応にも差がでるので皆、真剣でした。

事務長 赤松 雄一

令和4年10月前半分献立表  令和4年9月26日(月)

 令和4年10月1日から半月分の献立表です。
 最近、短期入所生活介護利用者様が多く利用してくれておられています。来ていただくだけではなく、少しでも快適に安全にそして“美味しい食事”を提供していこうと思います。
 
管理栄養士 小河 彩織

敬老のお祝い会(ケアハウス)  令和4年9月19日(月)

 今年はケアハウス入居者様に米寿を迎えられた方が二名おられ、入居者様と職員でお祝いをしています。
 風船ゲームあり、歌あり、笑いありの楽しい会でした。
 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、感染症にも注意した対策を図りながらではありましたが、皆さん楽しんでくださっていました。

ケアハウス介護職員 野村 真理

敬老の日Part2  令和4年9月19日(月)

メニュー:赤魚の塩焼き、ひじき煮付け、ほうれん草のお浸し、さつま芋ご飯、清汁

 敬老の日の特別メニュー2日目です。
 さつま芋ご飯は秋を感じられる一品だったと入居者様からお言葉をいただきました!
 いつもはかやくご飯や混ぜご飯より白ご飯のほうが好きな方も『甘くてたまにはこうした変わったご飯も美味しいな。』と喜んでくださいました。
 なかなか外出などができにくく、施設内でもレクリエーションがコロナが蔓延する以前に比べて実施しにくい環境にある中で、食事に関しては多くのイベントができるようにしていこうと思います。

管理栄養士 植野 かおり

敬老祝賀会  令和4年9月17日(土)

 令和4年9月17日(土)敬老祝賀会を行っています。
 特別養護老人ホームとケアハウス入居者2名様に代表して、参加していただきました。大津市からの賞状等を大津市長に代わって八田和也所長が手渡しています。
 対象となる他の方々へは職員から改めてお祝い後、ご家族様へ賞状を送らせていただきます。

介護長 野口 直樹

敬老の日Part1  令和4年9月16日(金)

メニュー:海老の天婦羅、南瓜の含め煮、紅白はます、清汁

 数日早い敬老の日のお祝い献立とさせていただきました。
 敬老の日は法律で多年にわたり社会に尽くしてこられた高齢者を敬愛し、長寿を祝う日とされています。
 今年は9月19日敬老の日にも特別メニューを用意しています♬
 数日前からチラシを貼っていたこともあり、楽しみにされている入居者様もおられました。“海老の天婦羅は大きく食べ応えがあり、南瓜の含め煮や紅白なますも味付けが美味しい。”と嬉しい言葉をいただきました。
 食後に入居者様より感謝の気持ちを綴ったお手紙をいただき、私を含め厨房職員一同、充実した一日となりました。

管理栄養士 小河 彩織

敬老の日のレクリエーション(特養3階)  令和4年9月16日(金)

 敬老の日のレクリエーションを行いました。
 日頃の感謝の気持ちを込めて職員でお祝いした後、紅白饅頭と抹茶オーレを召し上がっていただきました。
 特別養護老人ホーム3階フロアでは、100歳を元気に迎えておられる方がおられ、職員一同とてもうれしい気持ちです。
 この先も入居者様が元気で穏やかに過ごしていただけるよう日々のケアに努めてまいりたいと思います。

特養介護職員 千葉 健太郎

秋祭りメニュー  令和4年9月14日(水)

メニュー:お好み焼き、鶏の唐揚げ、大学芋、ご飯、乳酸飲料ヨーク

 本来であれば9月に秋祭りを毎年実施しておりますが、新型コロナウイルス感染症がまだまだ終息する兆しが見されないことから、今年も中止させていただくこととなりました。
 そこで少しでもお祭り気分を味わっていただこうと、献立を祭りの屋台によくみられる食べ物にしてみました♬
 当日は元お好み焼き屋で働いていた調理師が生地から作成しています。以前もその厨房職員はお好み焼きを作っていたのですが、納得がいかず、今回リベンジに燃えていました!
 フワフワで厚みのあるお好み焼きは、入居者様から大好評でした(*^^)v
 ベース食を召し上がられる方には、匂いだけではなく目でも楽しんでもらえるよう、王冠や星型、ハート型にくり抜いて提供しました。
 通所介護利用者様にはお手伝いいただき、折り紙で夏らしいハッピやイルカなどの折り紙作りをお願いしました。

管理栄養士 小河 彩織

重陽の節句  令和4年9月9日(金)

メニュー:秋刀魚の塩焼き、ひじき煮付け、味噌汁、栗ご飯、ババロア(栗)

 重陽の節句とは五節句の一つで、平安時代の初めに中国から伝わったとされています。
 古来中国では奇数日は縁起の良い“陽の日”とされ、3月3日や7月7日など奇数が重なる日をお祝い節句としたそうです。
 本来の重陽の節句に欠かせないのが菊の花です。不老長寿を願い、邪気を払う花として定着しているようです。重陽の祝い膳には秋の食材が並び、栗ご飯を食べる習わしがあるので栗ご飯を提供しました!
 秋刀魚や栗のババロアも提供し、秋を感じていただける食事を企画・提供しました。

管理栄養士 植野 かおり

ベランダで一息(特養2階)  令和4年9月1日(木)

 ベランダで一息ついていただきました。
 暦ではもう秋ですが、まだまだ残暑厳しい日が続いています。小さなプールにラムネなどのジュースを浮かべました。
 外気を感じていただきながらラムネを美味しそうに飲まれ、『懐かしい。』と笑顔で話され、喜んでくださっていました。炭酸が苦手な方からは『辛いわ。』と苦笑いされておられ、代わりに甘いジュースを提供しています。

特養介護職員 白子 道哲
特養介護職員 岡野 愛理

通常タイプ及び体圧分散ベッドマット購入  令和4年8月31日(水)

 今年度、車椅子に続きベッドマットを95枚(通常タイプ・体圧分散タイプ)を予算計上し、本日納品されました。
 高齢で重度の介護を要する方が増えている中、既存のベッドマットではクッション性が伴っていないことから今回購入しました。
 特別養護老人ホーム・短期入所生活介護・通所介護をご利用の入居者(利用者)様が、安楽に臥床していただければと思っております。

所長 八田 和也

野菜の日  令和4年8月31日(水)

メニュー:夏野菜カレー、さっぱり大根サラダ、らっきょうと福神漬け、オレンジゼリー

 今日は8(や)31(さい)の日です!
 野菜の日ということでパプリカやコーンといった夏野菜が入ったカレーを昼食メニューとしました!
 赤、緑、黄のパプリカ入りで、華やかな仕上がりとなっています。
 もともと人気のあるカレーに彩鮮やかで入居者(利用者)様も喜んでくださっていました。
 少しのアレンジで季節を感じられ、食欲と健康増進に繋がることを介護職員などの多職種もも改めて気づいてくれていました。

管理栄養士 小河 彩織

令和4年9月前半分献立表  令和4年8月30日(火)

 令和4年9月前半分の献立表です。献立表を予め確認してショートステイに来てくださったという方がおられました。今後もわかりやすい献立表、美味しいメニューを考えていきます!

管理栄養士 小河 彩織

手作りアイス  令和4年8月24日(水)

 おやつの時間に手作りのアイスを提供しました!ミルクアイスです(*^-^*)
 前日から準備していたのですが残念ながら固まらず…
 しかし生クリームや牛乳がベースで固まらなかったとはいえ、冷たく美味しいといった声が聞かれており一安心(^▽^;)
 改善点を厨房栄養士と話し合い、リベンジしたいと思います。ちなみに写真は後日固まったアイスの写真です。

管理栄養士 小河 彩織

貼り絵クラブ(ケアハウス)  令和4年8月21日(日)

 ケアハウスの貼り絵クラブでは、入居者の皆さんで玄関の壁面飾りを制作しています。
 8月は桔梗の花を折り、お月見の壁面を作りました!
 折り紙を折る、糊を付ける、台紙に貼るなど作業を分けてチームワークを発揮して手際よく仕上げておられました。
 一足早い、秋の風情を“作って”“見て”“話して”楽しんでおられました。

ケアハウス生活相談員 山田 千恵子

令和4年8月後半分献立表  令和4年8月17日(水)

 令和4年8月後半分の献立表です。美味しい食事を愛情込めて作りますので皆さん楽しみにお待ちください(^^♪

管理栄養士 植野 かおり

中華料理イベント食  令和4年8月15日(月)

メニュー:冷やし中華、茄子含め煮、昆布豆、味噌汁

 毎月恒例の中華の日がやってきました!
 夏といえば冷やし中華ですね(*^-^*)
 彩り豊かで食欲をそそるビジュアルに皆さん大変満足してくださっています。中華を毎月15日に提供すると厨房スタッフと決めてから、入居者(利用者)様の反応が作り手としてとても気になります。
 皆さんの食されている顔が笑顔であり続けるよう、日々勉強していきます。

管理栄養士 植野 かおり 

体操&シャボン玉レクリエーション(ケアハウス)  令和4年8月14日(日)

 新聞紙を丸め筒状にした棒を使用し、ストレッチを入居者様全員で実施。コロナ禍であまり動かさなくなっている身体を少しでも動かしていただくようにレクリエーションでも極力身体を動かしていただいています。
 ストレッチの後はシャボン玉を飛ばしてみました。大きなシャボン玉が風に揺られてさまよっているのを見て『わぁ~きれい!』『子供たちと一緒にしたのが懐かしいわ。』など皆さん楽しんでおられました♬

ケアハウス介護職員 野村 真理

辻智典外部講師 認知症の理解研修  令和4年8月10日(水)

 令和4年8月10日(水)15:30~17:00の間で、高齢者介護をするうえで重要になる“認知症の理解”に関する研修を実施しました。6月に引き続き、介護老人保健施設おおやけの里:辻智典氏をお招きし丁寧に説明していただいています。
 認知症が発生するメカニズムや実際に起こる症状について、医療的分野の話も交えわかりやすく解説していただきました。脳の構造から始まり損傷を受けた脳の部位によって認知症の種類が異なることまでを丁寧に教わり、どのような関りが必要となるかも知ることができました。
 職員が認知症への理解を深めることで、認知症の方に対してもなるべく不安を感じず暮らしていただけるよう日々のケアへつなげていきたいと思います。

介護長 野口 直樹

山の日  令和4年8月10日(水)

メニュー:山菜ちらし寿司、じゃが芋煮、ツナ和え、清汁

 8月11日は山の日。
山の日とは“山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する”という趣旨があり、国民の休日でもあります。
 明確な由来があるわけではなく、山の日を祝日にしようと様々な動きによってできたそうです。
 2016年より始まり、あまり何身がない方もおられるのではないでしょうか⁉
 日本の6~7割が山地であり、47都道府県それぞれに山があり緑に囲まれています(*^^*)
 当施設では1日早いですが、山の日ということで山菜ちらし寿司を食べてもらっています♬ちらし寿司は人気のなるメニューの一つですが、山菜をふんだんに使用して山の日を意識してみました(^^♪

管理栄養士 小河 彩織

散歩(特養2階)  令和4年8月5日(金)

 天気が良くまた風があり涼しさを感じられたので、入居者様を敷地内ではありますが散歩していただきました。
 コロナ禍で流行する3年ほど前と比べて外出機会が減っています。ただ敷地内ではありますが、外気に触れていただく機会を少しでも提供できればと時間を見ては職員間で協力して実施しています。
 
特養介護職員 成瀬 菜美子

千丈川一斉清掃  令和4年7月27日(水)

 例年、千丈川沿いの草刈りがありますが、ここ数年間は新型コロナウイルス感染症の蔓延などもあり実施することができていませんでした。
 今年度、地域の方々は8月7日に行うとのことですが、都合がつかなかったため本日実施しました。
 メンバーは馬淵晋法人事務長はじめ、八田和也所長、野澤昌彦生活相談員、白子道哲特養介護職員、上田亮平特養介護職員と私。8:30から13:00迄の途中休憩をはさみながらなんとか千丈川沿いと施設外周の草刈りを終えることができました。
 来年は地域の方々と一緒に千丈川沿いの草刈りができることを楽しみにしています。

介護長 野口 直樹

令和4年8月前半分献立表  令和4年7月27日(水)

 令和4年8月前半分の献立表です。
 短期入所生活介護及び通所介護へのお越しを心よりお待ちしております。

管理栄養士 小河 彩織

スイカ割り&かき氷レクリエーション(特養3階)  令和4年7月25日(月)

 新型コロナウイルス感染症の影響と暑さでストレスが溜まっておられる入居者様に少しでも気分転換をしていただければと、スイカ割りでストレス発散を、かき氷で涼を感じていただきました。
 職員が作成したスイカを思う存分叩いていただいてます。
 かき氷については日頃冷たいものを好まれない入居者の方も『美味しい♬』と喜んで食べてくださいました。(^^♪

特養介護職員 藤谷 あやめ

そうめんレクリエーション(特養2階)  令和4年7月25日(月)

 日に日に暑さが強まっていいます。
 入居者の方々に“夏といえば⁉”と聞くと『花火!』『スイカ割り!』などの声がある中、特に『そうめん』という意見が多くありました。
 ひんやり冷たいそうめんを食べて少しでも量を感じていただければと介護職員が中心となり企画しました!
 とても美味しかったとのことで、『おかわりがほしい♬』と言っていただけました(*^^)v
 新型コロナウイルス感染症が落ち着きがみられた際には、流しそうめんなども企画していこうと思います。

特養介護職員 岡野 愛理
 白子 道哲

土用の丑の日  令和4年7月22日(金)

 メニュー:穴子の混ぜご飯、里芋の煮物、おかか和え、味噌汁

 本日は土用の丑の日です。
 土用は日本独自の歴である雑節で、『立春』『立夏』『立秋』『立冬』の前18日間を指します。夏のイメージが強い土用の丑の日ですが、実は四季それぞれに訪れます。
 そして季節毎に食べると演技が良いとされる食材があり、夏に関していえば、皆さんご存じの『鰻』です!
 また夏の土用の丑の日に食べると良いとされているその他の食材は“う”の付くもの、“黒いもの”を食べると良いとされています。
 本日は穴子を使用した混ぜご飯を召し上がられています。入居者(利用者)の方々は大変喜んでくださいました!

管理栄養士 植野 かおり

高齢者体験(特養2階3階)  令和4年7月21日(木)

 令和4年6月17日(金)に参加した南郷小学校高齢者体験学習を参考に大津市社会福祉協議会様から用具をお借りし、介護職員が“高齢者の方が日頃どのように身体の不自由さを感じて生活されているか”を体験しました。
 私たちが何気に行っている動作であっても、高齢の方や障害を持っておられる方々にとってはつらい動作であることを身をもって知ることができました。

特養副主任介護職員 森田 優子

中華料理イベント食  令和4年7月15日(金)

 メニュー:焼きそば、青梗菜のしらす和え、はんぺん入り清汁、オレンジゼリー
 毎月15日恒例の中華料理イベントです。
 数日前から管理栄養士が入居者様にアピールしていたこともあり、焼きそばを楽しみにしてくださっていた方もたくさんおられました♬
 夏といえば祭り!祭りといえば屋台!屋台といえば“焼きそば”!!と思うのは私だけでしょうか(・・?
 皆さん美味しく召し上がってくださいました!
 今年に入り7回目の中華料理イベントということでアイデアも尽きてきているのが現状です…もし何か良い中華料理があればメールででも教えていただければ参考にさせていただきますので、宜しくお願いいたします!

管理栄養士 小河 彩織

令和4年7月後半分献立表  令和4年7月14日(木)

 令和4年7月後半分の献立表です。

管理栄養士 植野 かおり

ベランダの一斉清掃  令和4年7月13日(水)

 施設のベランダにツバメが巣を無数に作っているため、鳥の巣が崩れた影響や糞で汚れていました。昨年も同様に清掃活動を行いましたが、今回は男性介護職員が中心となり綺麗にしています。
 少し前までは窓や排煙窓を開けると粉塵が建物内に入ってきて困っていましたが、今回の清掃作業で心置きなく開閉でき、新型コロナウイルス感染症対策(換気)もしやすくなりました。

特養主任介護職員 向井 裕貴

園庭一斉清掃  令和4年7月13日(水)

 玄関前庭の木の枝葉や草が鬱蒼と茂っており、本日、介護職員と生活相談員、看護職員、事務員の計14名で清掃を行いました。
 暑さと不要な草木の多さと日頃使わない電動枝切り機などを使用していたため作業に四苦八苦していましたが、段々きれいになっていくことで職員は達成感を得ていました。
 本来は午前の2時間で終了する予定でしたが、午後からも広場や花壇など施設全体の手入れ作業を行いました。
 職員全員で今後も定期的に清掃活動を実施していく方針で、次回は11月頃に実施予定です。

所長 八田 和也

冬瓜の日  令和4年7月8日(金)

 メニュー:鮭の金山寺焼き、冬瓜の煮物、しらす和え、清汁、ご飯
 7月10日は『なつはとうがん』の日です。冬瓜は冬が旬と勘違いされやすいですが、実は“夏”が旬の野菜です。冬瓜の由来は、“冬まで日持ちする”ということからついた名だそうです。
 冬瓜には、カリウムやビタミンCが豊富に含まれており、その上、低カロリーで消化しやすく暑い時期に最適な食べ物です。

管理栄養士 植野 かおり

七夕  令和4年7月7日(木)

 メニュー:きつねうどん、南瓜含め煮、おかか和え、わかめご飯
 本日はきつねうどんです。久しぶりのうどんで出汁のきいた暖かいうどんに食が進むようで、いつもよりも食べるのが早く、完食される方も多かったです。
 七夕ということで、写真には載っていませんが、おやつに星形のゼリーを提供しています。色も様々で、デイサービス利用者様も『きれいッ!』と大変喜んでくださいました!

管理栄養士 小河 彩織

野菜の収穫(DS)  令和4年7月4日(月)

 野菜の収穫!『立派なキュウリが採れたどぉー!!』
 デイサービスでは先月に夏野菜を中庭に飢えて利用者様と一緒に育てていました。
 利用者様も少しずつ育つのを確認していたため、とても愛着を持っておられました。
 初収穫はキュウリです!(*^^)v『立派なキュウリが採れた!』『採るのがもったいない』と皆さん話が弾んでいました。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

茅の輪くぐり(DS)  令和4年7月4日(月)

 『夏越の祓』に茅(ちがや)という草を編んだ輪をくぐることで、心身を清め無病息災を祈願するようです。
 デイサービスでは、紅白の大輪を皆さんと制作して輪くぐりを行いました。
 無病息災を祈りながら、『左!右!左!』と輪を安全確認しながらくぐられていました!

通所介護生活相談員 上平 美乃里

歩行トレーニング用平行棒の低額でのお譲り  令和4年7月2日(土)

 当施設で以前使用しておりました歩行トレーニング用平行棒ですが、現在、入居されている方のニーズに合わない状況です。そのことから低額で必要な方にお譲りできればと考えております。
 気になる方がおられましたら施設へお問い合わせください。

令和4年度第2回千寿の郷新人研修  令和4年7月1日(金)

 本年度2回目の新人研修を実施しました。
 今回は“見る”“聞く”だけではなく、“体験”してもらっています。
 一つ目の体験として、視野が狭くなるゴーグル着用、ヘッドホンを付けることで聞こえにくくする、利き腕と聞き足へ重りを付けることで動きづらさを感じる、利き手に軍手を二重にして感覚麻痺のような状態を感じる、背が伸び切らないように円背状態を保持する用具を用いて、高齢者の日頃の状態を肌で感じてもらいました。体験した職員からは、一つ一つの動作がどれも恐怖や辛さ、不快感を感じたと話がありました。
 二つ目の体験は、アイマスクと耳栓をして車椅子に長時間座ってもらっています。実際には20分程度でしたが、“見えない”“聞こえない”状態で『声掛けなしで急に車椅子を他者から動かされた時の恐怖心は強かった。』『ほんの数十分であったが、クッションなしで座ることの辛さを感じた。』『車椅子からずり落ちそうになられる方の気持ちが分かった。』と感想がありました。
 三つめは福祉車両の基本的な操作に加えて、車椅子になった状態で福祉車両に乗り、走行を体感してもらいました。マンホールや轍を踏むことで振動が強く、気を使った運転や声掛けが必要なことも感じたとのことです。
 今後、新人職員だけではなく、職員全員に体験してもらえればと考えています。

介護長 野口 直樹

京阪バスの千寿の郷行路線廃止について  令和4年7月1日(金)

 開設当初から運行していた千寿の郷経由乗り入れ京阪バスですが、年々乗降者数の減少がみられ令和4年8月19日(金)をもちまして廃止することが決定いたしました。
 ご不便をお掛けしますが、ご理解いただきますよう宜しくお願いいたします。

夏超しの祓  令和4年6月30日(木)

メニュー:牛肉の甘辛煮、大根サラダ、清汁、ご飯、水無月ミルクプリン

 『夏越の祓(なつごしのはらえ)』は、一年の折り返しにあたる6月30日に各地の神社で行われる季節の行事です。1~6月迄の半年分の稀れを落とし、残り半年の無病息災を祈願します。
 40℃近い日もあり、体力の消耗も早いですが十分に休息をとり、美味しい食事を食べて元気に頑張りましょう!
 本日の食事は関西ではおなじみ水無月をアレンジしてミルクプリンを提供しています。厨房の栄養士が朝から小豆を炊いて作った自慢のプリンです♪ほんのり甘い小豆は食後のデザートにぷったりで入居者様の食欲増進にもなっていたように思います。
 これからも、皆様が元気に過ごしていただけるよう栄養バランスの良い食事、食欲が増す食事を提供していきます(*^-^*)

管理栄養士 小河 彩織

母の日&父の日レクリエーション(特養3階)  令和4年6月29日(水)

母の日レクリエーション♪
 令和4年6月29日(水)、新型コロナいう留守感染症の影響により延期していた母の日のレクリエーションを実施しました!(*^^)v
 入居者様にお化粧をしていただいたところ『久しぶりに化粧をしたわッ♬』と嬉しそうにされていました。
 介護職員手作りの壁飾りを背景に写真撮影会し、普段と違った姿での撮影に楽しんでいただけました!

父の日レクリエーション♪
 母の日と合同開催で実施しています。
 15:00にいつもはおやつの提供ですが、皆さん大好きなラーメンを食べていただいています(*^-^*)
 厨房職員の協力のもと、麺とトッピング、スープを職員が一つひとつ気持ちを込めて作りました♬
 出来立てを食べられた入居者様からは『おいしいよ!』とのお言葉をいただいています。

特養介護職員 藤谷あやめ

令和4年7月前半分献立表  令和4年6月27日(月)

 令和4年7月前半分の献立表です。
 先日は献立表を見て追加利用していただいた利用者様もおられました。7月以降も献立表を見て、気になる献立がありましたらお気軽にお問い合わせください。

管理栄養士 小河 彩織

直接面会  令和4年6月27日(月)

 令和4年6月24日(金)~27日(月)の4日間にかけて直接面会を実施しています。
 当施設において令和4年4月末日から5月中旬にかけ、新型コロナウイルス感染症が発生したことで入居者様もご家族様も顔を見て安心したいのではと考えておりました。入居者様の体調も回復してきており、職員体制もある程度と整ってきたことから実施させていただくこととなりました。
 直接面会の際にはご家族様より、入居者様の心配だけでなく職員の心配や労いの言葉をいただき、大変ありがとうございました。
 感染状況や職員体制等も考慮せざるを得ませんが、可能な範囲で直接面会を今後も実施していければと考えております。

所長 八田 和也

郷土料理沖縄県編  令和4年6月21日(火)

メニュー:ゴーヤチャンプル、沖縄県産紅芋コロッケ、人参しりしり、大根の味噌汁、ご飯

 『夏至』は一年で太陽が最も高く上がり、日中が最も長い日です。
 沖縄県ではこの時期に季節風を『夏至南風(カーチィベイ)』といい、南西の強い風が梅雨明けを知らせてくれます。本州は梅雨本番ですが、本日の沖縄県の郷土料理がジメジメした気分を吹き飛ばしてくれることを祈って厨房職員が作ってくれました!
 紅芋コロッケは甘みがあり、食べやすくて大好評でした♪

管理栄養士 植野 かおり

令和4年度認知症介護基礎研修eラーニング  令和4年6月18日(土)

 令和3年4月の介護報酬改定に伴い、無資格の介護職員に認知症介護基礎研修の受講が義務化されました。猶予期間は令和6年3月31日迄ですが、認知症介護に関わる介護従事者として、認知症の方や家族の視点を重視しながら本人主体の介護を遂行するうえで、基礎的な知識・技術を身に付ける必要があること。チームケアを実施する一員として基礎的なサービス提供を行うため、上田亮平特養介護職員、川嶋あゆみ特養介護職員、服部直美通所介護職員が受講しています。

介護長 野口 直樹

夏の香り寿司  令和4年6月17日(金)

メニュー:夏の香り寿司、ひじきの煮つけ、胡瓜のおかか和え、麩のすまし汁

 当施設では月に一度はお寿司の日があります。
 6月のお寿司はこの季節にびったりな夏の香り寿司です!グザイは大葉・みょうが・かに蒲鉾・錦糸卵・枝豆・紅生姜・白ごまと色鮮やかで見て楽しみ♪大葉の爽やかな香りが食欲をそそるお寿司です♬
 入居者様からも『きれいなお寿司!』『香りが良いね♪』と好評でした(*^^*)

管理栄養士 小河 彩織

南郷小学校高齢者体験学習参加  令和4年6月17日(金)

 大津市社会福祉協議会様からお声掛けいただき、介護職員(白子道哲、岡野愛理)と生活相談員(西原多都子、粟津明子)が南郷小学校四年生の高齢者体験学習へ参加させていただいています。
 体験することへの子供たちの好奇心に参加した職員は感心し、入居者様への生活の質を高めていくうえで、“なぜ”を子供たちから再認識させていただきました。
 当施設でも、『高齢者体験の研修を今年度実施することが良いのでは』と参加職員から声があがり、実施しようと考えています。

介護長 野口 直樹

中華料理イベント食  令和4年6月15日(水)

メニュー:酢豚風、春巻き、ブロッコリーの中華サラダ、たまご中華スープ、ご飯

 毎月恒例の中華の日です!
 配膳時に『今日は中華料理のメニューとなっていますよ♪』とお伝えすると『楽しみ!』と言う声を頂きました(*´▽`*)酸味の聞いた酢豚風に食欲がそそられ、春巻きも食べやすい工夫をしました。
 次回(7月15日)の中華の日は焼きそばの予定です。デイサービスやショートステイのご利用の方も是非、中華の日に合わせてご利用下さい!デイサービスは当日追加利用可能です。

管理栄養士 小河 彩織

令和4年6月後半分献立表  令和4年6月12日(日)

 左記の献立表は令和4年6月後半分のものです。
 献立表をみて食べてみたいと思われましたら、デイサービスも追加利用がかのうですし、スポット的に来ていただければと思います♪ショートステイも若干の空きがございますのでお気軽にお問合せ下さい(*^-^*)

管理栄養士 小河 彩織

入梅の日  令和4年6月10日(金)

メニュー:梅メンチカツ、ぜんまい煮、里芋の味噌汁、ゆかりご飯、青梅ゼリー

 毎年6月11日頃が入梅の日です。入梅とは季節の移り変わりの目安となる雑節の一つで暦のうえではこの日から梅雨の季節となります。入梅の時期は青い梅の実が八百屋に並びます。
 昼食は入梅を意識し、主食、主菜、デザートに梅を取り入れた特別な献立にしました。
 入居者様も梅雨の季節を感じていただけたのではないかと思います。

管理栄養士 小河 彩織

辻智典外部講師 リスクマネジメント研修  令和4年6月8日(水)

 昨年に続き令和4年6月8日(水)15:30~17:00、介護老人保健施設おおやけの里:辻智典氏に研修を実施していただきました。昨年は『高齢者虐待』『身体拘束』についての研修でしたが、今回はリスクマネジメントを学ばせていただきました。
 研修内容は大きく“リスクマネジメントの基礎理論”“KYT活動を行い現場で起こる危険について検討”の二つの柱で進めていただいています。
 二人一組での討論もあり、聞くだけではなく『考える』『話す』ことで集中して参加することができました。また普段関りの薄い部門間も話し合うことで職員の関係性も構築ができ、笑顔が絶えない90分間でした。

介護長 野口 直樹

6月特別養護老人ホーム対面式面会予定  令和4年6月3日(金)

 向暑の候、皆様方に置かれましてはご清祥のこととお喜び申し上げます。
 平素より当施設の運営に、ご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。
 さて、4月末から5月中旬にかけて新型コロナウイルス感染症が発生し、ご家族様にはご迷惑とご心配をおかけしましたこと、改めて深くお詫び申し上げます。
 発生前と現状では施設運営は全て元に戻っている状態ではありません。しかしながら、ご入居者様のご様子をご家族様も心配されていることと考えており、対面による面会を実施させていただくことと致しました。
 尚、面会の実施にあたっては限られた職員で対応できる範囲での実施ですので面会していただける枠に限りがあること、面会方法につきましても関係機関からの指導を遵守しての実施となりますので重ねてご理解とご協力を頂きますよう宜しくお願い致します。
 つきましては、令和4年6月3日(金)発送の書類をご確認ください。

所長 八田 和也

【備 考】
面会日:6月24日(金)~6月27日(月)
面会時間:1組10分以内
※諸般の事情により延期又は中止する場合があります。

令和4年6月前半分献立表  令和4年6月1日(水)

 左記の献立表は令和4年6月前半分の献立表となります。

管理栄養士 小河 彩織

車椅子購入  令和4年5月20日(金)

 施設設立20年が経過し、施設設備や備品等も経年劣化が進んでいます。その一つに車椅子があり、数台は設立当初に購入した物が今も現役で頑張っていました。しかしながら修理するにも限界が生じており、この度、10台購入しています。
 今後も少しずつではありますが、入居者様に関わる環境を整え、快適に過ごしていただけるよう購入していこうと思います。

介護長 野口 直樹

ステップ広場ガル様からの備品等の提供  令和4年5月19日(木)

 当施設で新型コロナウイルス感染症が発生した際、“社会福祉法人しが夢翔会 障害者支援施設ステップ広場ガル”の木村和弘施設長様はじめ職員様からは励ましのお言葉と、不足備品(アルコール消毒液やグローブ、ガウンなど)の提供、栄養ドリンクなどのお心遣いをいただきました。
 これまでも当施設の行事等への参加及び協力を頂いておりましたが、更に周囲の温かい支援を感じています。ありがとうございました。

所長 八田 和也

新型コロナウイルス感染症について経過報告(終報)  令和4年5月18日(水)

 令和4年5月17日(火)及び本日と、新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。

【感染療養期間の解除について】
 令和4年4月23日(土)から発生致しました新型コロナウイルス感染症の終息に関するご報告をさせていただきます。
 この度、特別養護老人ホーム千寿の郷で発生致しました新型コロナウイルス感染症について、入居者様並びにご家族様、関係各位の皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけ致しましたこと、心よりお詫び申し上げます。
 この間、ご家族様におかれましては、ご入居されているご家族様の心配な中、当施設への配慮だけではなく、職員への励まし等の温かいお言葉をいただきました。また滋賀県職員様並びに大津市保健所職員様の感染拡大防止への全面協力を賜り、皆様方には大変感謝しております。
 今後につきましても今回の感染を踏まえ、必要な感染予防は継続してまいります。
 尚、現在は入居者様の体調管理と職員体制の再構築を最優先に行っております。ご家族様及び関係各位の皆様におかれましては、通常運営となるまでいましばらく猶予を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第二十二報)  令和4年5月17日(火)

 令和4年5月16日(月)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月16日(月)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第二十一報)  令和4年5月16日(月)

 令和4年5月15日(日)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月15日(日)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第二十報)  令和4年5月15日(日)

 令和4年5月14日(土)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月14日(土)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十九報)  令和4年5月14日(土)

 令和4年5月13日(金)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月13日(金)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十八報)  令和4年5月13日(金)

 令和4年5月12日(木)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月12日(木)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十七報)  令和4年5月12日(水)

 令和4年5月11日(水)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月11日(水)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十六報)  令和4年5月11日(水)

 令和4年5月10日(火)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月10日(火)感染症0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十五報)  令和4年5月10日(火)

 令和4年5月9日(月)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月9日(月)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十四報)  令和4年5月9日(月)

 この度、令和4年5月8日(日)入居者様1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年5月8日(日)感染者1名(入居者様1名)

【経 緯】
5月7日(土)入居者様1名が医療機関受診し、PCR検査を実施。翌8日(日)陽性が判明。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十三報)  令和4年5月8日(日)

 令和4年5月7日(土)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月7日(土)感染者0名

 今後とも関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十二報)  令和4年5月7日(土)

 令和4年5月6日(金)新たに新型コロナウイルス感染症に完成している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月6日(金)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十一報)  令和4年5月6日(金)

 令和4年5月5日(木)新たに新型コロナウイルス感染症に感染している入居者様及び職員はいませんでした。
 感染確認日:令和4年5月5日(木)感染者0名

 今後も関係機関の指導を受けながら、感染予防に努めてまいります。何卒、ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第十報)  令和4年5月5日(木)

 この度、令和4年5月4日(水)職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年5月4日(水)感染者1名(職員1名)

【経 緯】
5月4日(水)当施設にて職員対象の抗原検査を実施したところ、1名の陽性が判明。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第九報)  令和4年5月4日(水)

 この度、令和4年5月3日(火)職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年5月3日(火)感染者1名(職員1名)


【経 緯】
5月3日(火)当施設にて職員対象の抗原検査を実施したところ、1名の陽性が判明。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第八報)  令和4年5月3日(水)

 この度、令和4年5月2日(月)入居者様4名、職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年5月2日(月)感染者5名(入居者様4名、職員1名)


【経 緯】
入居者様に抗原検査を実施したところ、4名の方が陽性であることが判明。又、5月2日(月)当施設にて職員対象の抗体検査を実施したところ、1名の陽性が判明。
滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課と保健所職員の方が来訪。館内巡回を実施していただき、より良い対策をご指導いただく。指導いただいた内容は、その日のうちに各職員へ周知し実施しております。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第七報)  令和4年5月2日(火)

 この度、令和4年5月1日(日)入居者様6名、職員2名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年5月1日(日)感染者8名(入居者様6名、職員2名)


【経 緯】
4月30日(土)職員1名が体調不良により、医療機関受診しPCR検査を受ける。翌5月1日(日)に陽性と判明。又、5月1日(日)当施設にて職員対象の抗原検査にて、1名の陽性が判明。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第六報)  令和4年5月1日(日)

 この度、令和4年4月30日(土)職員2名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年4月30日(土)感染者2名(職員2名)


【経 緯】
4月29日(金)職員1名が体調不良により、早退。翌30日(土)に医療機関受診し、陽性と判明。又、30日(土)当施設にて職員対象の抗原検査にて、1名の陽性が判明。
滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課から連絡をいただき、現状報告を行う。感染対策で留意する点を指導いただき、留意点を職員に文書と一人ひとりへの口頭伝達を実施しております。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第五報)  令和4年4月30日(土)

 この度、令和4年4月29日(金)入居者様4名、職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年4月29日(金)感染者5名(入居者様4名、職員1名)


【経 緯】
4月29日(金)入居者様4名の体調不良が見られ、施設内において抗原検査を実施し、陽性と判明。
また同日、当施設にて職員を対象に実施していた抗原検査により、1名の陽性が判明。

 関係機関の助言や指導を受けて対応しております。今後ともご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第四報)  令和4年4月29日(金)

  令和4年4月26日(火)~27日(水)にかけて行いました入居者様及び職員全員のPCR検査の結果が28日(木)に判明しました。
  感染確認日:令和4年4月28日(木)感染者34名(入居者様32名、職員2名)


【経 緯】
 令和4年4月25日(月)滋賀県実施のイベントベースサーベイランス事業(EBS)を申し込む。翌26日(火)から特別養護老人ホーム及び複合する事業の入居者様及び職員の検査を行う。
 28日(木)結果通知が届く。随時ご家族及び関係機関へ連絡。
 EBSの結果を踏まえて、滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課より更なる対策をご指導いただく。各職員と更に協議し、実施しております。
 尚、特別養護老人ホームの1フロア以外には入居者様及び職員の感染者は現時点でおられませんでした。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第三報)  令和4年4月28日(木)

 この度、令和4年4月27日(水)入居者様4名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年4月27日(水)感染症4名(入居者様4名)


【経 緯】
4月27日(水)入居者様4名の体調不良が見られ、施設内において抗原検査実施し陽性と判明。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第二報)  令和4年4月27日(水)

 この度、令和4年4月26日(火)職員2名と入居者様3名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
 感染確認日:令和4年4月26日(火)感染者5名(入居者様3名、職員2名)


【経 緯】
4月25日(月)入居者様2名の発熱が見られ、医療機関を受診。PCR検査を受け一旦帰園する。
4月26日(火)12:00頃、医療機関より新型コロナウイルス感染症陽性と連絡を受ける。
同日、当施設にて職員を対象に実施していた抗原検査により、2名の陽性が判明。
同日17:00頃、入居者様で体調が優れない方がおられるため医療機関を受診、新型コロナウイルス感染症陽性と診断を受ける。

※尚、令和4年4月26日(火)13:00頃より、滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課職員及び保健所職員が当施設を訪問があり、感染症対策の助言を受ける。

 今後も関係機関の指導を受けながら、対応してまいります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について経過報告(第一報)  令和4年4月25日(月)

  この度、当施設職員2名と入居者様2名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
  感染確認日:令和4年4月23日(土)感染者1名(職員)
       令和4年4月25日(月)感染者3名(入居者様2名、職員1名)


【経 緯】
4月23日(土)8:00頃、出勤前の自宅にて職員が発熱見られ医療機関受診、新型コロナウイルス感染症と診断される。
4月23日(土)夕方より入居者様2名の発熱見られ、翌24日(日)医療機関受診。PCR検査を受け、一旦帰園する。
4月25日(月)医療機関よりPCR検査の結果、入居者様2名とも新型コロナウイルス感染症陽性と連絡を受ける。同日夕方から職員を対象として抗原検査を実施。既に退社していた1名が陽性であることを確認。入居者様の発熱につきましては現在平熱程度に落ち着いております。
尚、管轄保健所及び関係機関等へは随時報告を入れる。

 今後、管轄保健所等の指導を受けながら、濃厚接触者及び接触者を調査中であり、詳細が分かり次第、改めて報告させていただきます。
 何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

特別養護老人ホーム千寿の郷公式ラインアカウント求職者様専用  令和4年4月21日(木)

 特別養護老人ホーム千寿の郷では求人者様向けの公式ラインアカウントを開設しています。左記のQRコードを読み取って頂ければ面接調整やご質問等にお応えさせていただきます。
 現在募集しております職種は【常勤介護職員】【嘱託介護職員】【パート介護職員】【常勤看護職員】【嘱託看護職員】【パート看護職員】です。その他の職種につきましてもお気軽にお問い合わせください。
 ※尚、求人者様向けとなっておりますのでその他の方やご質問にはお答えしかねます。

介護長 野口 直樹

中華料理イベント食  令和4年4月15日(金)

メニュー:天津飯、チンゲン菜のナムル、胡麻団子、エノキスープ

 本日は毎月15日開催の中華の日です!
 主菜は天津飯♬フワフワの卵に竹の子の触感を楽しめるように工夫しました!ふたを開けた瞬間に良い香りが各フロアに充満し、入居者様も興味を持ってくださいました。
 副菜のナムルもごま油の香りが食欲を増幅させます。デザートの胡麻団子も今回が初めての提供で、普段と違う一品があるため、入居者様もワクワクして下さったのではないでしょうか(^^♪

管理栄養士 西﨑 彩織

岩倉浩司外部講師 腰痛予防研修 令和4年4月13日(水)

 15:30~17:00の間、岩倉浩司氏(理学療法士)をお招きし、腰痛予防研修を開催しました。
 社会福祉施設における労働災害の発生状況の説明を受け、基本的な対策“持ち上げない”“抱え上げない”“引きずらない”“不良姿勢をとらない”を学びました。ノーリフティングケアが腰痛問題にも、また利用者様にとっても役立つことを知ることが出来ました。

介護長 野口 直樹

令和4年度第1回千寿の郷新人研修  令和4年4月13日(水)

 令和3年11月1日以降に入職した職員を対象に研修(8:45~15:30)を実施しました。
 内容は“高齢者虐待”“人権”“感染症予防”“看取り研修”“プライバシー”等の基本的な研修に加え、入居者様ご家族様との契約時に説明及び配布している重要事項説明書についても説明しました。
 最後の30分は八田和也所長から法人の基本理念や年間事業計画、人として業務すること、自身の業務だけでなく部署の垣根を越えて協力していくことが大切である事を話しています。

介護長 野口 直樹

お花見(特養2階)  令和4年4月11日(月)

 桜が散り始めた葉桜を見ていただいています!
 満開時期には間に合いませんでしたが、とても喜んでくださいました。桜の花びらが舞う風景を見て『綺麗やなぁ、風が心地よいわ。』と季節を感じて下さっていました。
 中庭を散歩し、タンポポで髪飾りを作り、おやつを外で食べていただいたことで、いつもと違った入居者様の表情を見せていただくことができました。
 また来年も皆さんと花見ができるように楽しみにしています。

特養介護職員 瀬古 彩夏

敷地内でのお花見(特養2階)  令和4年4月8日(金)

 お天気が良く、あたたかな陽気の下、桜に囲まれながらロールケーキとお茶を召し上がっていただきました。
 『良い天気や。きれい。』と皆さま大変喜んでくださいました。
 桜をジッと見つめておられる方やウトウトと居眠りされる方と様々で、時間がゆっくりと経過しているのを楽しまれていました。

特養介護職員 白子 道哲

学区内にある公園に咲く桜のお花見(DS)  令和4年4月8日(金)

 利用者様から『昨年一昨年と花見ができていないので、できれば今年はゆっくりとみてみたい。』というお声を聞いていました。
 千寿の郷周辺は桜が多く咲いていますが、道路沿いや駐車スペースの確保が厳しい場所ばかり。駐車場があり桜の木が多い南郷公園が施設の近くにありますが、観光される方も多く、コロナ禍を考えるとその場所は諦める結論となりました。
 その後、職員が手分けし、数日掛けて探し出した穴場スポットを発見!
 当日は、快晴で桜も満開。花見に訪れている方も少なく、利用者様も大変喜んでくださいました!公園は高台にあり、景色が見渡せる場所でもあったので四季を通して楽しめそうでした。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

花まつりイベント食  令和4年4月8日(金)

花祭り昼食
メニュー:桜ちらし寿司、花咲包み蒸し、ゴマドレッシング和え、赤だし 
 桜が咲き、今年も入学式の時期が来たことで、幼稚園や小学校、中学校などを通ると今日も真新しい制服に身を包んだ学生を見かけました。自身の学生時代を思い出し、懐かしく思います。
 4月8日は灌仏会(かんぶつえ)でもあり、お釈迦様の誕生を祝う仏教行事の日でもあります。一般的には花祭りと呼ばれています。本日は“春”“桜”“咲く”を連想する鮮やかな色を食事に取り入れてみました。

管理栄養士 西﨑 彩織

お花見(特養3階)  令和4年4月6日(水)

 午前中、入居者の方に千丈川沿いをドライブ、南郷公園で下車しお花見を単身で頂きました。
 天候にも恵まれ桜も満開であったため、ドライブに参加できなかった方を午後から敷地内ではありますが、お花見に招待しました。
 敷地内の桜も南郷公園に負けず劣らず綺麗に咲いており、喜んでいただけました。
 外では歌を歌い、おやつとお茶を楽しまれ、いつも以上に皆さん笑顔でした。
 私たち職員も、入居者様が気分転換していただけたことを嬉しく思います。

特養介護職員 横江 勝義

南郷公園へお花見&ドライブ(特養3階)  令和4年4月6日(水)

 数日前から人の流れや感染予防、職員配置などを検討して、本日10:00から施設を出発し、千丈川の桜並木をドライブ。また、南郷の洗堰近くにある南郷公園では送迎車から降りて枝垂桜や染井吉野を見て回っています。2年ぶりの施設外のお花見で皆さんとても楽しんでおられました。
 少しずつではありますが、感染予防に努めながら外出レクリエーションを増やしていければと思っています。

特養介護職員 藤谷 あやめ

お花見(DS)  令和4年4月5日(火)

 天気が良く、施設敷地内の桜が満開となっていました。
 急遽、少しの時間ですがお花見をしています。皆さんお茶を飲みながら思い思いに桜を眺めておられました。来年こそは桜の木の下で家族で食事ができる情勢になれば…と話されるご利用者もおられました。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

手作りケーキ  令和4年3月15日(火)

 スポンジケーキに生クリームとミカンでアレンジしました。
 ひと手間加えるだけで美味しさが倍増します。実際に入居者様からは好評で『とても綺麗ね!』『ミカンとケーキがとても合う♬』とお声を頂きしました。(^_^)v
 おやつは子供だけでなく入居者様も日常生活の中で、楽しみの一つとなっているので、今後も更に美味しくをモットーに提供していければと思います。

管理栄養士 西﨑 彩織

中華料理イベント食  令和4年3月15日(火)

 本日は毎月恒例の中華料理イベント食です(*´▽`*)
メニュー:青椒肉絲風、焼き餃子、中華和え、スープ、ご飯
 主菜は青椒肉絲風♬リクエストが多かった焼き餃子も副菜にしました!普段は焼き餃子を提供する機会はほとんどないため、不安もありましたが、『餃子が食べたい!』と言うリクエストにお応えしました。
 お店で提供されるような皮がパリッと焼け、餡がジューシーに出来上がりました!野菜もたっぷり入っており好評でした。
 今後もリクエストにお応えできるよう努めていきます。

管理栄養士 西﨑 彩織

他職種合同主催 看取り研修  令和4年3月9日(水)

 本日、粟津明子生活相談員、西﨑彩織管理栄養士、池田直樹介護職員、小川美鈴介護職員の他職種合同で看取り研修を実施しました。“どこで死を迎えたいか”“どのような環境で最期を迎えたいか”“誰がそばにいて欲しいか”“最後に何を食べたいか”を自身に置き換えて、“どこで死を迎えて欲しいか”“どのような環境で最期を迎えて欲しいか”“誰がそばにいてあげたいか”“最後に何を食べさせたいか”を家族に置き換えて、グループワーク後に発表しました。そのうえで看取り介護の時期や死生観、当施設の看取りの指針や体制を再確認、入居者様やご家族への気持ちに少しでも近づけるよう、配慮が行えるよう努めていく必要があることを学びました。
 研修の最後は、粟津明子生活相談員がユニット型特養で行った看取り、入院していた末期癌の友を家族や主治医、在宅医療従事者等と自宅で看取った話を聞き、参加した職員全員が『死』や『看取り』を身近に感じる研修となりました。

介護長 野口 直樹

雛祭り  令和4年3月3日(木)

 雛祭りの昼食にイベント食を開催しました!
 雛祭りの時期になると気温が上昇しはじめ、春が間近と感じます(*'▽')
メニュー:ちらし寿司、海老シュウマイ、菜の花のお浸し、花麩入り清汁
 ちらし寿司は雛祭りらしく桜田麩を乗せ、彩りよく仕上げています。ピンク色の桜田麩は可愛らしさと鮮やかさがあり、料理を引き立ててくれていました♬
 おやつには家族会様よりご支援いただき、雛祭りを連想させるケーキを提供しています(*´▽`*)皆様とても喜んで召し上がっておられました!

管理栄養士 西﨑 彩織 

南郷小学校車椅子体験学習参加  令和4年3月3日(木)


 大津市社会福祉協議会:橘宏樹氏からお声掛けを頂き、生活相談員(西原多都子、野澤昌彦、粟津明子)と自身で、南郷小学校車椅子体験学習へ参加させていただきました。
 子供たちの車椅子や送迎車両(リフト車)への興味がとても高いことに驚きました。
 橘氏から車椅子の使用方法について、使用前に子供たちに説明をされていましたが、車椅子に乗っている友達が不安がらないように声掛けをしている場面を見て、声掛けの大切さを改めて学ばせていただきました。

介護長 野口 直樹

獅子舞(DS)  令和4年2月16日(水)

 今年もデイサービス千寿の郷に獅子舞降臨!
 獅子舞に頭を噛んでもらうことで厄除けとなり、1年間無病息災で過ごせると言い伝えられています。
 ご利用者様からは『噛んでもらわな!』『私も噛んでください。』と次々に声が上がりました♬
 ご利用者様によっては我先にと獅子舞の口元に頭を入れようとされている方もおられました。
 突然の獅子舞訪問で少しパニック気味でしたが、笑顔が絶えないひと時でした。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

令和3年度滋賀県認知症対応型サービス事業管理者研修  令和4年2月16日(水)

 令和3年度滋賀県認知症対応型サービス事業管理者研修を受講させていただきました。日時は2月9日と2月16日の2日間。滋賀県医療福祉推進課:木下裕也氏の地域密着型サービス基準、特定非営利活動法人宅老所心理事長:村田美穂子氏からは地域密着型サービスの取り組み、西多社会保険労務士事務所所長:西多正夫氏からは介護従事者に対する労務管理を、そして、特定非営利活動法人りゅうおう理事長:坂口直司氏からは適切なサービス提供のあり方を詳しく教えていただきました。
 学んだ事を千寿の郷へ還元できるよう努めていければと思っています。

介護長 野口 直樹

生活相談員主催 重要事項説明書に関する研修  令和4年2月14日(水)

 日頃、ご利用者様ご家族様へ契約書及び重要事項説明書の説明にあたっている生活相談員(介護支援専門員)による『特別養護老人ホーム千寿の郷重要事項説明書』に関する研修を介護職員、看護職員、事務職員等へ実施しました。
 施設職員としてご家族との契約内容を把握しておく必要がありますが、ベテラン職員であっても契約書などを目にする機会が少ないのが現状です。自身の働く施設がどのような契約を交わしているのかを把握する良い機会となりました。
 生活相談員についても研修を実施するにあたり、契約書内容を詳細に確認したことで改めて不明な点を調べることができました。

介護長 野口 直樹

節分行事(DS)  令和4年2月3日(木)

 本日は節分です。赤鬼登場!!利用者様は慣れたもので鬼が来てもびくともせず、笑顔がたくさん見られました♬
 その後は鬼と一緒にレクリエーションとして、鬼のボトルを倒すと加点、お多福様を倒してしまうと減点方式のゲームを楽しんでいただきました。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

鬼は~外!福は~ぁ内♬(特養3階)  令和4年2月3日(木)

 特別養護老人ホーム3階フロアに鬼が出現⁉
 鬼にふんした職員がフロアを練り歩くと『鬼はー外ッ!福は~内♬』の掛け声がどこからともなく聞こえてきました。豆まきならぬボール当てを行い、鬼退治をしました。入居者様もサプライズイベントで笑顔がたくさん見られました!

特養介護職員 藤谷 あやめ

節分の日  令和4年2月3日(木)

献立:ちらし寿司、大根の煮物、インゲンの和え物、赤だし、おやつ(節分ボーロ)
 本日は節分なのでちらし寿司を提供しました!
 『立夏』『立秋』『立冬』『立春』と4つある季節の変わり目の内節分は立春の前日で、冬の終わりの日です。歴では春が始まる日、新しい季節が始まる区切りの日となります。
 今年は各地で大雪となっていますが、節分を境にだんだんあたたかな陽気となればいいですね♬
 もう一つ!節分と言えば豆まきですよね♪入居者様には節分ボーロを提供しました。豆まきは邪気を払い、新しい年に幸運をもたらす行事です。2022年は始まったばかり。皆様が穏やかで楽しい日々が過ごせるように願うとともに、私自身の少しでも入居者様が快適に過ごせるよう食事面でサポートしていければと思います。

管理栄養士 西﨑 彩織

ぜんざい作り(DS)  令和4年1月27日(木)

  毎日寒い日が続いています。少しでも温まって頂こうとデイサービスご利用者様と一緒に“ぜんざい”を作りました! 割烹着が良く似合い、慣れた手つきで作ってくださいました。
 『美味しいな♪』『決め手はあんこやな!』と話が弾み、寒さも忘れるぐらいでした。

通所介護生活相談員 上平 美乃里

よつば会様からの頂き物  令和4年1月21日(金)

 石山・南郷など地域の新鮮な農作物や原材料を使い、安心・安全な加工品を作っておられる“よつば会”の皆さまから、地元の大豆とお米を使った『手作りの味噌』を頂きました。
 毎日欠かせない貴重な物ですので、味噌汁はもちろん、様々な料理に使用させていただきます。ありがとうございました。

所長 八田 和也

身体拘束廃止委員会主催 身体拘束に関する研修  令和4年1月12日(水)

 身体拘束廃止に向けた取り組みとして身体拘束廃止委員会の委員である加賀城看護師と中山生活相談員が中心となり、研修内容を検討した後、本日実施しました。
 身体拘束に該当する事案は職員も把握していますが、業務内で“これは身体拘束にあたるのか⁉”と普段疑問に思うグレーな部分について入居者様やご家族様の立場で考え、見つめ直そうとする内容でした。
 今回の研修を通して、職員からは“知らず知らずに入居者様の行動を抑制する発言をしていた”“明日からの対応に活かしていく”などの声が多く聞かれました。

介護長 野口 直樹

年明けうどん  令和4年1月6日(木)

 本日のメニューは海老天うどん、ナスの含め煮、紅白なます、ゆかりご飯です。
 今年初めてのうどんの提供で年明けうどんです!
 純白なうどんに紅い具をのせてお正月から年明けうどんを食べることで、幸せな一年になると言い伝えられています。
 当施設ではうどんに大きな海老天2尾をのせて提供しました。入居者様からは大変好評価を頂きました♬(^_^)v
 近年、讃岐うどんの地元麵業界が全国的にPRし、近年ではカップ麺でも年明けうどんとしてコンビニやスーパーで販売されているのを御存じの方も多いと思います。
 まだ食べておられない方も是非今からでも食べていただき幸せな一年をお送りください。

管理栄養士 西﨑 彩織

初詣(特養3階)  令和4年1月1日(土)

 特別養護老人ホーム千寿の郷3階フロアに千寿の郷神社が出現しました!
 入居者様に少しでもお正月らしさを味わっていただきたいと考え、密かに介護職員が神社と賽銭箱、おみくじを手作りしました。
 まずは神社で参拝。おみくじを引き、そのあとは甘酒を♬皆さん『今年一年良いことがありますように…』と願っておられました。

特養介護職員 藤谷 あやめ

お正月献立  令和4年1月1日

 あけましておめでとうございます。
 お正月の献立として鰤の照り焼き、関西風雑煮、高野豆腐の炊き合わせ、黒豆、赤飯を提供させていただきました。“寿”の文字が入った食材はいつもと違い“ハレの日”を連想させます。
 厨房職員や食事提供に携わる職員は、今年一年も入居者様に美味しい食事を届けられるよう、バランスの良い食事で健康に過ごしていただけることを考えています。
 私個人としては、一年一年が早く感じる今日この頃ですが、管理栄養士としての立場から『食事で入居者様を元気に、たくさんの笑顔を作りたい!』を目標に今年一年、励んでいこうと思います。
 美味しい食事やおやつを食べておられる入居者様の笑顔を一人でも多く見られることが私の仕事への励みになっています。入居者様が望まれる食事を提供してまいります。
 まだまだ未熟ではありますが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

管理栄養士 西﨑 彩織
 
 

新年の挨拶  令和4年1月1日(土)

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 日頃より入居者様ご家族様から暖かいご支援とご協力を賜り、無事新春を迎えることができたことを心よりお礼申し上げます。
 2021年も社会全体が新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けた一年となりました。2022年も新型コロナウイルス感染症の影響は続き、施設にとっては厳しく、入居者様ご家族様にとっては辛く、ストレスを抱える状況は継続すると考えられます。
 そのような環境においても、当施設では入居者様が明るく健康的で安らぎと生きがいに満ちた日々をお過ごしいただけるよう、職員一丸となって運営して参ります。
 また、施設においては感染予防対策に努めてまいりますので、引き続き皆様のご協力を宜しくお願いいたします。
 2022年が入居者様ご家族の皆様にとって、幸多い一年でありますことを心よりご祈念申し上げます。
 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

所長 八田 和也

家族会様からの食器提供  令和3年12月24日(金)

 家族会様からご支援を頂き、食器を購入させていただきました。
 現在使用している食器とは異なり、ホワイトにブルーのラインとシンプルで爽やかなデザインを選ばせていただきました。
 食器ひとつでその日の献立がガラリと変わり、同じ献立でも更に美味しさが増します。
 初めて使用するのはクリスマスのケーキが良いと考え、今回使わせていただきました。
 今後も大切に使わせていただきます。ご支援いただきありがとうございました。

管理栄養士 西﨑 彩織

クリスマス昼食メニュー編  令和3年12月24日(金)

 クリスマスのメニューはオムライス、ポテトサラダ、コンソメスープ、イチゴゼリーです。
 本日昼食は年末最後のビックイベントであるクリスマスでした♬
 普段も提供させていただくオムライスではありますが、ケチャップでハートマークを描いてみたり見た目で楽しんでいただけるよう、何より愛情込めて作りました(^_-)-☆
 入居者様に気づいていただけるかとお膳を運んでいるときに心がソワソワしていましたが、皆さんの笑顔を見たときに不安感が達成感に変わりました(*'▽')
 改めて見た目や飾りつけの大切さを感じさせていただけるイベント食でした!

管理栄養士 西﨑 彩織

人権擁護・高齢者虐待防止委員会主催 高齢者虐待に関する研修  令和3年12月15日(水)

 リスクマネジメント研修に引き続き、高齢者虐待に関する研修を人権擁護・高齢者虐待防止委員の白子特養介護職員と森下特養介護職員、塩田ショートステイ生活相談員、西原ショートステイ副主任生活相談員が中心となり実施しています。内容としては職員が利用者役となり、利用者役の職員に介護職員が日頃の対応方法を動画で収め、研修に参加した職員が客観的に考え、見つめ直すという研修でした。
 何気ない言葉かけが第三者からは認められない言葉遣いであることを理解できた良い研修であったと思います。

介護長 野口 直樹

事故対策委員会主催 リスクマネジメントに関する研修  令和3年12月15日(水)

 事故対策委員会主催のリスクマネジメントに関する研修を行いました。
 最近の傾向として服薬に関する事故が続いたため、竹内看護師から“服薬の手順”“誤薬の定義”“誤薬リスク防止のためのポイント”“当施設での誤薬の傾向”“主な誤薬による症状”“正しい服薬方法”について説明がありました。
 誤薬は人的エラーから起こる。一人ひとりが手順を守ること、意識して介助にあたることが大切である。職員間・他職種間でも意識した声掛けを行っていくよう努めていきます。

介護長 野口 直樹

直接面会  令和3年12月12日(日)

 令和3年12月12日から直接面会を実施しています。
 ご家族様には施設外とご不便をおかけしての実施となりましたが、入居者様ご家族様共に久しぶりの再会で話が弾み、笑顔も多くみられていました。今後も県内の感染状況と職員の配置状況等を見極めながら12月19日、12月26日、12月30日と実施していく予定です。

所長 八田 和也

直接面会の準備  令和3年12月11日(土)

 明日を含めて12月に4日間、直接面会を実施するため、数日前から生活相談員や事務所職員と机等の配置を考えました。ひとまず写真のような配置で実施させていただき、課題はその都度検討及び対応させていただこうと考えております。
 ご入居者様ご家族様にはご不便をおかけしますが、当日のご協力とご理解を賜りますよう宜しくお願いいたします。

所長 八田 和也

屋上倉庫清掃整理  令和3年12月9日(木)

 屋上倉庫内の清掃及び整理しました。平成14年1月開所から溜まりに溜まった不要書類及び不用品の破棄及び整理には数日間を要しました。
 現在、関係機関からも災害時等の観点から極力物を置かない、動線を確保、整理整頓清掃などの助言をいただき、各フロアでも清掃活動も兼ねて必要不要の仕分け及び整理整頓を行っています。

介護長 野口 直樹

ドライブ(特養2階)  令和3年12月6日(月)

 12月6日、特養2階フロア入居者様を対象にドライブ&紅葉狩りを実施しました。
 今回は、“ほんと~ぅに、久々の文化ゾーンへの紅葉狩り!!” 途中、缶コーヒーを飲んでいただくなどのブレイクタイムもはさんでいます。
 コロナ禍のため、昨年は外出行事などが行えず、久しぶりのドライブであったこともあり、『ほんまにありがとう!』『楽しいわ!』など車中で行っていただき、入居者様の笑顔が絶えませんでした。
 私たちもその笑顔が見れて外出などのレクリエーションの重要性を改めて実感しました。
 まだまだ新型コロナウイルス感染症の終息には至っておらず、予防を徹底する必要がありますが、情勢を見極めながら今後も実施できればと思います。

特養介護職員 田中 優生

ドライブ&紅葉狩り(特養3階)  令和3年12月1日(水)

 令和3年12月1日(水)14:20から一時間半程度ドライブ&紅葉狩りに来ました!
 新型コロナウイルス感染症が流行し入居者様の安全を確保するため、受診等の必要最低限の外出のみとなっていました。ただ滋賀県だけでなく日本各地の感染者数の減少、重症者の減少、新型コロナウイルス予防接種が進んでいる現状を考慮し車中から紅葉狩りを職員と共に実施しました。
 付き添い職員は工藤介護職員、岡本介護職員、藤谷介護職員、溝畑介護職員、赤松事務長、野口介護長です。
 千寿の郷を出発し、まずは岩間寺へ向かいました。岩間寺は山の山頂にあるため、南郷や田上だけでなく、瀬田川や琵琶湖、遠くには三上山を車中からでも眺めることができました。その後、新しくできた令和大橋を渡り、関津にあるカカシをたくさん設置しているイベントが行われていたので見に行きました。周囲に人がいないことから入居者様にもおりてみていただいています。
 車中も帰所後もいつも以上に言葉が弾んで楽しいひと時を過ごされていました。

特養介護職員 工藤 三千代

和食の日の昼食メニュー  令和3年11月24日(水)

 毎年、一人ひとりが『和食』文化について認識を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけの日となっていくように願いを込めて11月24日を“いい日本食”『和食』の日となっています。
 昼食を天ぷらなどご入居者様が喜んでいただけると思われるメニューを考え、提供致しました!皆さんいつも以上にお箸が進んでいました♬

管理栄養士 西﨑 彩織

利用者様との対面による面会の実施について  令和3年11月22日(月)

 秋冷の候、皆様方におかれましては、ご清祥のこととお喜び申し上げます。
 平素より当施設の運営に関しましてご理解、ご協力賜り誠にありがとうございます。
 さて、当施設では新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う面会制限を実施してきましたが、新型コロナワクチン接種が進んでいること、緊急事態宣言の全面解除、現時点での大津市内の新規感染者数が減少傾向にあること、またこれまで長い間、ご利用者様との対面による面会を心待ちにしていただいているご家族様がおられることなどから、コロナ禍で業務が増加している中ではありますが、施設職員で対応できる範囲で、今般、試行的に面会の機会を設けることといたしましたのお知らせします。
 この度の実施にあたり、特に高齢者の方々は新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高く、施設内にウイルスを持ち込まない事が最も有効な感染防止策であることから、感染拡大防止対策を講じたうえでの実施となり、面会に際しての制約を設けておりますので、皆様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。
 尚、今回の対面による面会の実施に関しましては、これまでからのリモート面会に加え実施するものであり、今後、継続して実施するかについては、今後の新型コロナウイルスの感染状況や、面会の実施に係る職員の業務量等を勘案しながら、その都度判断して参りますので皆様のご理解を重ねてお願い申し上げます。

※つきましては、後日ご家族へ郵送する書類にて詳細確認をお願いします。

所長 八田 和也

伊藤寛人外部講師 感染症研修~ノロウイルストレーニング  令和3年11月10日(水)

 エコラボ合同会社:伊藤寛人氏を講師としてお招きし、感染症に関する研修を実施しました。特に今の季節から注意しなければならないのがノロウイルスです。昨今は新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっていますが、ノロウイルスに関しても高齢の方にとっては脅威です。『ノロウイルストレーニング』と題して、“ノロウイルスとは”“感染を起こしやすい理由”“ノロウイルスの感染力”“他の感染症との比較”“不顕性感染とは”“感染経路”“感染予防のために”を丁寧に教えていただきました。予防の4大原則『持ち込まない。』『拡げない。』『不活化させる。』『つけない。』を念頭に、当たり前の手洗いを習慣化させることを再認識しました。

介護長 野口 直樹

感染症・褥瘡対策委員会主催 褥瘡予防研修  令和3年11月10日(水)

 感染症・褥瘡対策委員会主催の褥瘡予防研修を行いました。今回の研修は上田副主任看護職員・森田副主任介護職員・佐野副主任生活相談員が中心となり、研修を実施。“褥瘡の定義”“褥瘡好発部位”“褥瘡の危険因子”“病期の進行”から“予防としての除圧方法”と“千寿の郷の現状当施設としての取り組み”についてわかりやすく説明しました。
 今回の研修を踏まえて日々の体位変換や褥瘡予防に繋がる対策を、職員一人ひとりが理解し、誤った対策を行っている職員がいる場合はその場で職員同士が話し合い、施設全体で褥瘡ゼロに取り組んでいこうと思います。

介護長 野口 直樹

ハロウィンおやつ編  令和3年10月29日(金)

 家族会様からご支援を頂き、ハロウィン期間ということでカボチャの和菓子を購入させていただきました♬『可愛らしい。』『食べるのがもったいない。』などの言葉を頂けました!その他として入居者様が喜んでいただけそうなどら焼きや食べやすいゼリーも購入させていただきました。
 入居者様全ての方がたいへん喜んで下さり、言葉として表現することが難しい方も表情で喜んでくださっているのがよくわかりました。

管理栄養士 西﨑 彩織

ハロウィンの献立  令和3年10月29日(金)

 少し早いハロウィンにちなんだ食事を提供しました!
 メインメニューはカチャトーラライス☆カチャトーラとはイタリア語で『漁師風の』という意味をもつトマトベースのイタリア料理です。本場ではウサギ肉が使用されています。また食事に添えられている折り紙はデイサービスやケアハウスのご利用者様ご入居者様が丁寧に作成してくださいました♪ありがとうございます!特養ご入居者様も『可愛い』と喜んで下さり、自身のお部屋に持って帰られる方もおられました。
 ただ、入居者様からは『ハロウィンって何⁉』と尋ねられ困った職員も多いイベントでした(^^;)
 ハロウィンとはヨーロッパ発祥のお祭りで秋の収穫を祝い、先祖の霊をお迎え、悪霊を追い払う行事です。最近では期間中に仮装する人も多くみられるようになりましたね♬

管理栄養士 西﨑 彩織

令和3年度千寿の郷職員新人研修  令和3年10月27日(水)

 令和3年1月1日以降に入職した職員を対象に研修(8:45~15:45)を実施しました。
 今年度既に法定研修は都度実施し、対象職員も受講していることから、所長からは「社会人として」「福祉職員として」の前に“人として”の心構えを新しく仲間となった職員に伝えました。
 事務長からは就業規則や職場内ルールを、介護長からは入居者様だけでなく、ともに働く同僚への配慮について講義しています。

介護長 野口 直樹

昼間想定消防訓練  令和3年10月22日(金)

 昼間に厨房付近で火災が発生したと仮定し、通報訓練・避難訓練を株式会社魚国総本社(給食委託業者)社員と合同で実施しました。消火訓練では新人職員や訓練を体験したことがない職員を対象として行っています。
 年2回の訓練で忘れていることがあり、課題を再確認することができました。

事務長 赤松 雄一

お祭り昼食メニュー  令和3年10月14日(木)

 本日はお祭りメニュー!
 昨年同様に残念ではありますが、秋祭りを中止させていただきました。ただお祭り気分を少しでも味わっていただければと委託業者株式会社魚国の厨房栄養士と調理師の協力を得てお祭りの屋台にあるようなメニューを提供しています。
 元鉄板職人によるお好み焼き、ニコニコポテト、屋台と言えば唐揚げ!甘~い今川焼♪何より見た目はビールにしか見えないビール風ゼリーを提供致しました!
 ビール風ゼリーは食べてビックリ!!オレンジゼリーとミルクゼリーの2層仕立て♬お祭りと言えばビールがつきものですので入居者様も見て楽しんでくださいました。
 もちろん、白米も提供していますのでボリューム満点の昼食です。

管理栄養士 西﨑 彩織

山田真由子外部講師 ビジネスマナー研修  令和3年10月4日(月)

 令和3年10月4日(月)14:30~16:00に特定社会保険労務士・キャリアモチベーターの山田真由子氏を講師にお招きし、ビジネスマナー(一般的なビジネスマナーについて学ぶ」の研修を実施しました。
 最初は職員も緊張していましたが、山田講師のトークで笑顔や笑い声がみられました。グループワークでは、日頃関りが少ない他部署職員と討議もあり職員間も研修前より和んでいました。
 職員一人ひとりの印象が事業所のイメージを決定付ける。職員個々の仕事は、たくさんのご利用者様・入居者様・ご家族様との関係で成り立っている。当たり前のことですが、職員の対応の良し悪しが事業所のブランドイメージを決定する自覚を持って仕事に臨むことを改めて考える事ができる大変有意義な研修でした。

介護長 野口 直樹

事故対策委員会主催 リスクマネジメント研修  令和3年10月4日(月)

 令和3年10月4日(月)事故対策委員会主催のリスクマネジメント研修を行いました。山田生活相談員と角介護職員が中心となり、当施設にとって今一番必要なリスクマネジメントに関する研修は?と検討。緊急時の対応を再度勉強することが良いのではないかとのことで①応急手当の基本②救急車の要請③AEDの使用方法について学びました。
 AEDについては当施設に設置している同型の使用方法について動画を用いての研修であり、イメージしやすかったです。

介護長 野口 直樹

デイサービスご利用をご検討されている方へ  令和3年10月2日(土)

 デイサービスをご利用又は新たに他のデイサービスの追加利用をご検討されている方々へ。
 当施設は大津市石山千町と南郷の洗堰や石山寺近くにあります、山や川に囲まれた自然豊かな場所の特別養護老人ホームに併設して営業しております。現在ご利用していただいている方々からは入浴や食事・日々の催しは勿論、職員の接遇面でも満足しているとお話しいただいています。『いきなり契約するのは…』と思われる方も多数おられると思います。体験利用していただき、気に入っていただいてから契約していただいても構いません。
 送迎範囲についても時間などの調整もございますが、まずはお気軽にご連絡ください。心よりお待ちしております。
※TEL:077-531-1105

通所介護生活相談員 上平 美乃里

新たにショートステイご利用をお考えになられている方へ  令和3年10月1日(金)

 ショートステイのご利用をご検討されている方へ。当施設は特別養護老人ホームと併設型で従来型施設です。個室の利用料金もユニット型より抑えることができ、また一人では寂しい方には多床室(個室よりも更に低コスト)もございます。ゆくゆくは特別養護老人ホームへのご入所もご検討になられている方であれば、事前に施設設備や一日の流れを知る良い機会にもなるのではないでしょうか。
 送迎範囲につきましては到着時間や利用日数などで要相談となりますが、可能な範囲で送迎(大津市・草津市・湖南市・守山市・野洲市・山科区など)を実施させていただきます。
 令和3年10月1日時点で年末年始の居室も残りわずかではございます空室がございます。この機会にご利用のご検討を頂ければと思います。
 ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。
※TEL:077-531-1105

短期入所生活介護副主任生活相談員 西原 多都子

高齢者虐待予防研修会  令和3年9月27日(月)

 令和3年9月27日(月)13:30~15:30WEB研修『高齢者虐待予防研修会』に成瀬介護職員が参加しました。
 講師はNPO法人あさがお所長:中原一隆氏で、~小さな気づきが虐待防止の第一歩~がテーマでした。
 “虐待を受けたと思われる方を発見した際、勇気をもってまずは誰かに相談する”事がこの研修の中で一番印象深かったキーワードだったと報告を受けました。今回の研修を個人だけのものにせず、職員間で共有していきます。

介護長 野口 直樹

中秋の名月  令和3年9月23日(木)

 中秋の名月、皆さんはご覧になられましたか⁉
 この日はお芋を食べる習わしになっていますので、意識した献立にしてみました♬
 まずはサトイモの煮物、それからサツマイモご飯♪加えて、薄焼き卵を巻いたものを月に見立てた名月のすまし汁となっています。

管理栄養士 西﨑 彩織

敬老の日  令和3年9月20日(月)

 現在の日本社会において高齢化へますます進んでいる中、当施設入居者様の平均年齢も85.6歳と皆さん長生きして下さるだけでなく、とても元気に過ごしてくださっています。これからも元気で長生きしていただけることを願いつつ、赤飯を準備しました。
 皆さん、白米と赤飯の違いには敏感で『今日は赤飯やな!』と嬉しそうに声をかけてくださる方もおられました。

管理栄養士 西﨑 彩織

敬老の日(DS)  令和3年9月20日(月)

 いつもご利用いただいている利用者様に敬老の日のお祝いとして職員一同何かできないかと考え、ささやかではありますがご本人の写真をキーホルダーにしてみました!
 これからも元気にデイサービス千寿の郷へ来ていただき、楽しいお話を聞かせていただいたり、たくさんの笑顔を頂きたいです♪

生活相談員 上平 美乃里

石山老人クラブ連合会様からのご寄付  令和3年9月14日(火)

 石山老人クラブ連合会様から今年もマスク1,000枚、タオルを段ボール2箱分ご寄付頂きました。感染症予防としてまた施設の衛生面保持として両方とも貴重であり、大切に活用させていただきます。ありがとうございました。

所長 八田 和也

感染症・褥瘡対策委員会主催 感染症に関する研修~感染症対策と自己免疫力アップについて  令和3年9月8日(水)

 令和3年9月8日(水)感染症・褥瘡対策委員会主催で『感染症対策と自己免疫力アップについて』の研修を行いました。依田清朱看護師を中心に委員が内容を検討。所長がパワーポイントにてわかりやすくまとめました。
 内容は流水を用いた手洗い方法と消毒液を用いた手指消毒方法。免疫力アップには“良質な睡眠”“栄養バランスの摂れた食事”“自律神経を整える”が大切である。日々の生活で改善可能でマグネシウムやビタミンDを多く含む食物を摂取していくことを学びました。

介護長 野口 直樹

身体拘束廃止委員会主催 身体拘束に関する研修~ベッド柵から考える身体拘束~  令和3年9月8日(水)

 令和3年9月8日(水)身体拘束廃止委員会主催の身体拘束廃止研修を実施しました。8月25日に外部講師として介護老人保健施設おおやけの里:辻智典氏の研修を受けました。受講から学んだことを当施設に合わせた研修を実施しようということで工藤三千代委員長と澤野直喜委員が中心となり研修を開催しました。
 内容は『ベッド柵から考える身体拘束』で、ベッドに柵を3点使用することが拘束にあたるかについてです。結論として拘束は柵の本数ではなく、利用者の行動を制限するかどうかで決まる。ベッドから転落されない事だけを考えるのではなく、万が一転落されたとしても怪我が最小限になるように考え、行動を制限しない手段を他職種で考える。拘束ではない代替案を見出すことが重要であることを学びました。

介護長 野口 直樹

野菜の日  令和3年8月31日(火)

 8月31日は語呂合わせで831(やさい)=野菜の日となっています。
 今年は野菜をふんだんに使ったみんな大好きカレーライスを提供しました!(*'▽')
 カレーライスは千寿の郷でも定番の大人気メニューで、日頃はお弁当を持参している職員もこの日ばかりはカレーライスを食べています。入居者様も喜んで完食して下さる方がほとんどです♪

管理栄養士 西﨑 彩織

辻智典外部講師 高齢者虐待・身体拘束についての研修  令和3年8月25日(水)

 令和3年8月25日(水)14:30~16:00の間、介護老人保健施設おおやけの里の辻智典氏を講師に招き、1講義目は高齢者虐待『不適切なケアへどう介入するか』を、2講義目に『「現場」は困っている!だから学びましょう』について研修しました。
 過去の事例やケアなきケアの時代と現在のケアを写真により比較することで職員は聴覚だけでなく視覚からも入ることにより、より理解を深める事ができました。今までの考え方、対応方法を見つめ直す良い機会となりました。

介護長 野口 直樹

施設外壁及び窓ガラス一斉清掃  令和3年8月25日(水)

 令和3年8月25日(水)に施設の外壁及び窓ガラスを私はじめ事務職員、介護職員、看護職員などが手分けして午前中に行いました。
 施設周辺は山や川があり自然豊かで周辺に建物が少ないことから、夏は6月頃は蛍が8月はカブトムシが飛んでいます。それと同時に春先には燕が施設に巣をたくさん作っているため、定期的な清掃が必要でした。ここ数年は実施できておらず、外壁やベランダ窓ガラスが汚れており、室内の換気もままならない状態でした。
 職員で手分けしたことで清潔にまた綺麗になりました。今後も定期的に他の部分も実施していこうと考えています。

所長 八田 和也

山の日  令和3年8月11日(日)

 山の日は『山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する』ことを趣旨として、2014年に制定された祝日です。毎年8月11日が山の日となっています。
 さて、今年の山に非の献立はちらし寿司です。ちらし寿司は皆さん美味しいと言ってくださいますので、少し特別な日にお出ししています。今回は枝豆をトッピングしてアクセントをつけてみました♬

管理栄養士 西﨑 彩織

ショートステイ・デイサービスの担当者変更  令和3年8月1日(日)

 令和3年8月1日(日)から当施設のショートステイ部門の担当者が変わりました。主の窓口は生活相談員である西原多都子で副担当は継続して塩田厚司が行います。
 西原がショートステイ部門へ異動することでデイサービス部門はそれまで副担当であった上平美乃里生活相談員が主担当として業務を行うこととなりました。
 今後ともショートステイ千寿の郷並びにデイサービス千寿の郷を宜しくお願い致します。

ショートステイ 西原 多都子
デイサービス  上平 美乃里

人権擁護・虐待防止委員会主催 人権研修~平等・公平と支援~  令和3年7月14日(水)

 令和3年7月14日(水)千寿の郷玄関ホールにて人権擁護・虐待防止委員会主催で『~平等・公平と支援~』をテーマに研修しています。講師は委員でもある井上彰啓特養生活相談員。平等と公平、現実をわかりやすく示された絵を用いて職員に説明。
 利用者様の抱える問題を専門職として解決ていくことが支援の内容であり、権利擁護の視点に立てば、支援として提供するサービスは量的確保だけでなく、質的確保が重要になってくることを知ることが出来ました。

介護長 野口 直樹

七夕  令和3年7月7日(水)

メニュー:ちらし寿司、シュウマイ、清汁、七夕ゼリー
 本日は七夕の日です!
 七夕と聞いて思い浮かぶのはやはり織姫と彦星ではないでしょうか(*^。^*)天の川で別れた二人が年に一度だけ会える日。ロマンチックな物語ですね♬諸説ありますが、実はこのお話は日本と中国の伝説が合わさり受け継がれてきた話だそうです。
 本日は食事に流れ星をかたどったゼリーや星形の麩が入った清汁を提供させていただきました。(*'▽')

管理栄養士 西﨑 彩織

夏越の祓  令和3年6月30日(水)

 メニュー:牛肉の甘辛煮、大根サラダ、清汁、ご飯、水無月風ミルクプリン
 本日は夏越の祓。1年の折り返しにあたる日です。各地の神社で行われる季節の行事です。『まだ半年!』『もう半年!』人それぞれ。そんな夏越の祓は1~6月までの半年分の穢れを落とし、残り半年の無病息災を祈願する行事です。
 特にこの日に食べる有名なものと言えば水無月です♪(*^。^*)水無月の小豆の赤色はぎゃきを祓うとされ、京都を中心によく食べられているようです。本日は水無月風プリンを厨房栄養士が小豆を煮るところから入居者様ご利用者様の笑顔が見れればと丹精込めて作りました!
 ミルクプリンとホクホクに煮た小豆が絶妙でとても美味しく出来上がりました!

管理栄養士 西﨑 彩織

郷土料理徳島県編  令和3年6月16日(水)

メニュー
・金時豆入りかきまぜご飯・ひじき煮付け・おかか和え・清汁

 本日は徳島県の郷土料理である金時豆入りかきまぜご飯でした。
 ちらし寿司に金時豆!?と最初はお届かれていました(^-^;
 しかし食べてみると甘い金時豆と酢飯が抜群!!
 入居者様や入所者様からも『甘い豆美味しい!』『よく合うわ~』『もっと食べたい!!』と大絶賛でした!
 徳島県では五目寿司のことを“かきまぜ”と言い、ハレの日の食事です。米の県内自給が低いため、たくさんの具を寿司飯に入れてコメの量を補っていました。また昔から甘いものを御馳走としてきたことなどにより、甘い寿司が美味しいとされ、現在も金時豆をかきまぜています。
 私も初めて知る郷土料理だったので勉強になりました。
 コロナ禍で旅行はいけない日々が続く中、旅行気分を味わってもらえたらと考案しました!(^_^)v

管理栄養士 西﨑 彩織

大人様ランチ♬  令和3年5月28日(金)

メニュー
ピラフ・白身魚のフライ・ブロッコリーサラダ・コーンスープ・ワインゼリー

 本日はお弁当箱で大人様ランチを提供しました♪
 『今日な何の日?』『お子様ランチみたい!』と大盛況でした!
 特別な日ではないのですが、コロナ禍で外出自粛が続く中、食事を楽しみの時間に…と願いを込めてイベントを行いました。
 見た目は可愛く!カラフルに♪を合言葉に(*^。^*)
 ピラフに国旗を飾ったり、花形ニンジンで盛り付けたり、厨房職員も全面的に協力していただきました。その甲斐もあって当日は入居者様や利用者様の笑顔と喜びの声を聴くことが出来ました♪
 これからも入居者様・利用者様の笑顔が増えるよう工夫していきます!

管理栄養士 西﨑 彩織

千寿の郷line公式アカウント求人者様向け開設  令和3年4月26日(月)

 千寿の郷求人者様向けline公式アカウントを作成しました。
 左にあるQRコードを読み込んでいただき、友達追加していただくことで、業務内容・面接日程調整、その他気になることにお答えさせていただきます。
 お気軽にご登録・ご質問ください。

採用担当 事務長 赤松 雄一
     介護長 野口 直樹

桜の下で音楽会(DS)  令和3年4月14日(水)

 施設敷地内の桜も見頃を迎えています。天気も良く急遽テーブルと椅子を設置、ゆったりと桜を眺めることとなりました。
 マスク着用・距離を確保しながら職員がエレクトーンを弾き、ハーモニカが得意なご利用者様の演奏に合わせて他のご利用者様が口ずさんでおられました。

生活相談員 西原 多都子

千寿の郷所長就任挨拶  令和3年4月1日(木)

 日頃は、ご利用者様、ご家族様、地域の皆様には多大なご理解・ご協力を賜り、心から厚くお礼申し上げます。
 この度、西田前所長の退任に伴い、4月1日から所長に就任いたしました八田でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、千寿の郷におきましては、昨年から新型コロナウイルスの拡大を受け、職員の感染予防対策の徹底はもちろんのこと、施設の面会制限をさせていただくなど、感染源を持ち込まないための最大限の努力をさせていただいております。
 また、施設でのイベント等の中止により、ご利用者様、ご家族様にはご不便と大変淋しい思いをされていることとは思いますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 今後も、自然あふれる閑静な「千寿の郷」に、ご利用者様の笑顔があふれ、思いやり、温もりのある、そして、地域に開かれた施設を目指し、引き続き取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

所長 八田 和也

ホットケーキ作りレクリエーション開催♪(特養2階)  令和3年3月30日(火)

 特養2階フロアでレクリエーション開催、ホットケーキ作りを行いました。
 作っている最中に漂う甘~い香りでまずは香りを楽しんでいただき、次に目でも楽しんでいただけるよう、トッピングの飾りつけも職員が気持ちを込めて行いました♬
 入居者様はどなたも喜んで召し上がってくださっています。

特養介護職員 成瀬 菜美子

施設前桜開花(DS)  令和3年3月26日(金)

 花吹雪舞う季節となりました。皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
 千寿の郷の玄関先も春を彩るように桜が咲き始めております。
 コロナ禍で入居者様・ご家族様、関係者の皆さまにはご不便をおかけしておりますが、来年の今頃は桜の木の下でご面会していただけることを職員一同願っております。

事務長 赤松 雄一

桜満開(DS)  令和3年3月12日(木)

 千寿の郷の桜は一足お先に満開です!
 今年も見事に咲きました!

生活相談員 西原 多都子

ひな祭りおやつ編(DS)  令和3年3月3日(水)

家族会様からご支援をいただき、ケーキを購入させていただきました。ありがとうございます。 
ボリューム満点、見た目も満点、味わっても満点なケーキに皆様盛り上がっておられました!ひな祭りらしい色遣いとなっているのもポイントです!

管理栄養士 西﨑 彩織

ひな祭り行事昼食編  令和3年3月3日(水)

 本日は、ひな祭り♪昼食メニューは“ちらし寿司”“菜の花のお浸し”“昆布豆”“花麩入り清汁”と春も感じていただける彩り豊かなメニューで特にちらし寿司は入居者様に好評でした!
 『綺麗~』『美味しそうー!』など話も盛り上がり、ニコニコ笑顔で召し上がってくださいました。
 今後も少しでも季節を感じられる食材や、目で見て楽しめる!食べても美味しい!など、五感で味わっていただける食事を提供していくように努めていきます。

管理栄養士 西﨑 彩織

旧倉庫の再利用  令和3年2月19日(金)

 新しい倉庫を購入。ただ新しい備品を購入しても以前使用していた備品は新たな形で活用していくという精神が千寿の郷にはあります。
 新しい倉庫の隣に今まで頑張ってくれていた以前の倉庫も存在し、今後も活躍してくれます。


事務長 赤松 雄一

新しい倉庫の設置作業風景  令和3年2月19日(金)

 施設を開設し、18年が経過。いたるところが経年劣化してきています。倉庫もその一つです。
 長年使い込んだことで開閉がうまくできません。そのため、新しい倉庫を購入しました。本日は業者さんによる新倉庫設置をおこなってもらっています。

事務長 赤松 雄一

ご家族様からのお花の提供(特養)  令和3年2月17日(水)

 特養入居者様のご家族様から施設に飾っていただければとお花の提供をしていただきました。入居者様にまずご確認いただき、ご家族様がご持参していただいたものであることをお伝えすると『そう。』と笑顔を見せてくださいました。
 お花を飾らせていただくことで、施設内の雰囲気が明るくなりました。ありがとうございます。

特養生活相談員  佐野 悟

獅子舞行事(DS)  令和3年2月11日(木)

 今年もデイサービスに獅子舞がやってきましたッ!
 完成度ももちろん、ご利用者様と一生懸命この日のために作成したので嬉しさも倍増です!
 ご利用者様からは『頭、かんでー!』と好評で、皆さん順番待ちでした。

生活相談員 西原 多都子

書初め行事(DS)  令和3年1月5日(火)

 昨日から年始のデイサービス営業を開始致しました。
 昨年同様、今年の抱負や思いを筆でご利用者様がそれぞれ表現してくださいました。
 達筆であるのはもちろん、想いのこもった書初めとなっています。

生活相談員 西原 多都子

絵馬作り行事(DS)  令和3年1月4日(月)

 デイサービスご利用者様、一人ひとり願いを込めて絵馬を書かれています。
 『笑顔で過ごせますように』『家内安全』『コロナに負けるな!』『元気で過ごせますように』『良い一年になりますように』etc.
 全ての方の願いが叶いますように…

生活相談員  西原多都子

ガバナンスの強化を目指して  令和3年1月1日(金)

 令和3年1月1日より、介護長として“野口 直樹(のぐち なおき)”を採用致しました。
 野口は以前にも千寿の郷の勤務経験があり、他法人では、生活相談員(特養・短期入所・通所介護)、副施設長、施設長と経験を積み重ねてまいりました。
 その経験をいま一度、千寿の郷で役立てたいという思いがあり、今回、介護長という役職で採用することとなりました。
 ガバナンスを強化し、より良い施設へと考えておりますので、ご理解・ご支援いただけましたら幸いです。


〈本人より挨拶〉
 日頃より特別養護老人ホーム千寿の郷の事業に対しまして、ご利用者様はじめご家族様、地域の皆さまと、多くの方々から暖かいご支援とご協力を賜り、お礼と感謝を申し上げます。
 令和3年1月1日より、介護長として入職致しました野口直樹(のぐちなおき)と申します。
 福祉業界で18年培ってきた経験を活かし、ともに働く職員が大きな存在であることを理解し、千寿の郷理念を念頭に、そして“人として”を忘れず、皆さまと真摯に向き合い、皆さまがいつまでも健康で、笑顔あふれる生活が送れますように努力してまいりたいと思っております。
 また地域の皆さま方が気軽に立ち寄っていただける、相談していただける、地域と施設が共存できる施設を目指してまいります。
 今後とも、ご指導ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

令和3年1月吉日                 
社会福祉法人滋賀同仁会     
特別養護老人ホーム千寿の郷
介護長  野口 直樹  

2020年度大津市認知症ケア向上研修(オンライン)  令和2年11月20日

 2020年度大津市認知症ケア向上研修(オンライン)に職員が参加。1日目は「認知症の疾患理解と認知症ケアの基本的な考えについて」講師:社会福祉法人湖青福祉会ケアタウンからさきケアハウス施設長 大江 芳征様(滋賀県認知症介護指導者)の講義でした。
 認知症の定義・認知症の原因疾患・病因による分類・区別すべき病態・せん妄と認知症の違い・せん妄の分類・うつとアルツハイマー型認知症の違いなど基本的知識から日本介護福祉士会倫理綱領・倫理4原則・倫理のジレンマを勉強し、“その人らしく、持てる力を発揮して地域の中で暮らし続けるための支援を伴奏者としての役割を担う”介護に携わる『私たちの役割』であることを再確認することができました。

特養介護職員 白子 道哲

暑い中での熱い(五目並べ)対戦!  令和2年8月15日(土)

 ご利用者対職員の熱~い戦いが開催ッ!
 只でさえ、気温も暑いなか、対戦による熱気で更に熱さが増しています。他の職員やご利用者も近寄れないくらい。
 さぁ~!どちらが勝つでしょうか!?
生活相談員 西原 多都子

本物!?(向日葵)  令和2年8月3日

 本物!?
 思わず見間違える出来栄えです(笑)
 上手に咲いたと自画自賛です!
生活相談員 西原多都子

打ち上げ花火作成中!  令和2年8月1日(土)

 新型コロナウイルス感染症による外出自粛が続く中、花火大会中止が相次いでいます。ご利用者様も職員も楽しみにしていましたが、ここは我慢!
 打ち上げ花火を想像しながら画用紙いっぱいに色とりどりの花火を描いています。
生活相談員 西原 多都子

高く泳ぐ鯉のぼり  令和2年5月5日(火)

 端午の節句、鯉のぼりを作りました♪
 今回の鯉は鱗が特徴となっています。ご利用者様はご自身の孫の成長について、職員や他のご利用者様に楽しそうに話しながら作成しておられました。
 この鯉は高々と大空を泳いでくれそうです。
生活相談員 西原 多都子

桜満開!!!  令和2年4月15日(水)

 今年の春はコロナ禍で外出自粛…
 ご利用者様から『桜が見たい…』『花見をしたい!』と声が寄せられ…
 それなら咲かせて見せましょう!この千寿の郷デイサービスでッ!と本物に負けないくらいの桜を満開に咲かせました!
生活相談員 西原 多都子

赤い羽根共同募金助成事業で防災リヤカーを購入しました!

非常災害に備え、入所者の避難及び水、食糧、毛布などの生活必需品の運搬など幅広く利用可能な防災リヤカーを購入しました。
 
この度、避難移動や生活必需品の運搬などに幅広く利活用できる防災機器整備事業に応募し、助成を受けることができたことを喜んでいます。限られた予算の範囲内において、皆様の貴重な寄附により購入できることに感謝するものです。本当に有難うございました。

秋祭りありがとうございました!

今回特養のご家族様にお送りしています「千寿の郷通信」から一部抜粋させていただきました。
平成30年度の秋祭りは皆さんのご協力を賜り、大成功に終わりました。
改めてお礼を申し上げます!
 
※左の画像は拡大できます。当日の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。また、「ギャラリー」から他の写真もご覧いただけます。

施設間交流会(ガル、ぽかぽか、千寿の郷)

2018年9月14日 施設間交流会を開催しました。
 
(福)しが夢翔会 ステップ広場ガル様
(福)ノエル福祉会 ぽかぽか様
(福)滋賀同仁会 千寿の郷
上記三施設は全て別の法人ではありますが
地理的に上から「ぽかぽか」「千寿の郷」「ガル」と隣り合っているため
以前から緊急時に限らず連携を図っていきたいという話があり、
今回、千寿の郷 地域医療介護連携委員会の働きかけで
各施設長と現場職員を交えた三施設の交流会が実現しました。
 
初めての試みではありましたが、自己紹介に始まり
地域との関わりについて現在取り組んでいることや課題を挙げ
また、防災訓練の相互参加や行事の招待、物品の貸し借り等
積極的に交流を図っていくことが確認され、
お互いにとって非常に有意義なものとなりました。
 
お忙しい中ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
定期的に交流していくということもお約束しましたので
第二回目も楽しみにしております。
 
また、これを機にガル様、ぽかぽか様のホームページのリンクを
トップページに作成しますので、是非一度ご覧ください。

社交ダンスサークル・フロンティアの皆さんに来所いただきました

2018年9月10日 普段は毎週月曜日の午後1時から2時間
澤井先生のご指導のもと、瀬田南公民館で練習されている
社交ダンスサークル・フロンティアの皆さんにお越しいただきました。
 
3月に代表の西尾様よりご連絡をいただいてから
何度か打ち合わせをし半年かけて実現することができました。
演目は「マジックショー」「社交ダンス」「二胡の演奏」と
皆さんとっても芸達者で職員も一緒に楽しませていただきました。
 
どれも千寿の郷で演じられるのは珍しく
ご利用者も最後まで興味深く見守っておられました。
 
まずマジックショーです。
テーブルにずらっと並べられたグッズがおわかりでしょうか?
森田さんの巧みな話術と技術で
これらから次々に不思議な現象が起こるんですよ。
その度にご利用者は目を丸くしたり、歓声をあげたり大喜びでした。
 
なんとこの森田さん剣道の七段(!)の達人なんですよ。多芸ですね!
次に社交ダンスです。
 
会場はそんなに広くありませんでしたが、
さすが紳士と淑女の皆様はそんなことをものともせず
背筋をピンと伸ばして優雅に踊っておられました。
写真でも分かるように衣装も正装でばっちり決めておられます。
 
とても堂に入った社交ダンスでご利用者も
見惚れておられました。
最後に二胡の演奏です。
 
現物を見るのは初めてでしたが
何とも郷愁を誘う美しい音色でした。
普段聞いている歌でも
楽器が変わると全然聞こえ方が変わるものですね。
新鮮でとても良いものを聴かせていただきました。
 
社交ダンスサークルの西尾さん、演じていただいた皆さん
本当にありがとうございました。
また是非、千寿の郷に来てくださいねlaugh
 

秋祭り情報!

9月22日(土)開催予定の秋祭りについて追加情報ですenlightened
 
<出演者情報>
SOUL LOVE SOUND (キッズダンス)の出演が決まりました。
公式ホームページ:http://sls1997.blog.fc2.com/
その他にもたくさん出し物を準備していますのでお楽しみに!
 
<物販情報>
・地域の方の野菜販売
・滋賀保護院の利用者が作成された小物の販売
を予定しています。
 
※当日雨天の場合は
 ■館内で実施するなど規模を縮小しての開催となります。
 ■模擬店はありませんのでご注意ください。

特殊浴槽(座浴)を更新しました!

設立当初より使用していたデイサービスセンター内の特殊浴槽(座ったまま入浴ができる浴槽)が8月17日に新しくなりました! 以前から新しくしたいという話は出ていたのですが、予算の都合上ずっと更新ができないまま来ていました。それがこの度、幸運にも公益財団法人JKA様からの補助を得られることとなり、最新の特殊浴槽設備を導入することができました。JKA様につきましてはトップページにリンクがありますので、詳しくお知りになりたい方はそちらからご覧ください。
ご利用者が重度化する中で、特殊浴槽は非常に重要な役割を担っています。家で気軽にお風呂に入れない方であっても、温かい湯船に、自然体のままゆっくりと、かつ安全に浸かっていただくことができます。福祉用具も日進月歩の世界ですから、千寿の郷設立当初にあったものとは比較にならないほど、進化しています。それゆえ選択肢は沢山あったのですが、多職種で議論を重ね、また実際に浴槽をいくつも職員が直接見に行き、その結果、千寿の郷のハード面ソフト面を勘案して、より千寿の郷で使用するのに適したものという基準から導入を決定しました。導入にあたり、酒井医療様の熱心で丁寧な事前レクチャーを受け、職員は早く使ってみたくてウズウズしているようです。
やはり新品はピカピカで見ているだけで嬉しくなります。決して安い買い物ではないのですが、入浴を目的としてデイサービスに来られる方も多く、ご利用者やご家族にとって安心して入浴できる場所がある、というのは大切なことなのです。そこに今回、かゆいところに手が届く最新の特殊浴槽が導入できたので、より安全に心地よく入浴していただくことが可能になりました。また、今まで千寿の郷では入浴のしづらかった方であっても、職員の負担も少なく入浴できるようになりました。
今回JKA様から補助を受けられることになったのは全くの偶然であったとは思いますが、千寿の郷にとっては素晴らしいタイミングでの新浴槽導入となりました。沢山の機能がついていますので、使いこなすまで少し時間がかかるかも知れませんが、地域の皆様に喜んでいただけるよう大切に使っていきたいと思います。
JKA様、本当にありがとうございました。
また、浴槽検討にあたりご協力いただきました業者の皆様にも重ねてお礼を申し上げます。

千丈川草刈りボランティア

平成30年8月5日、この日は日曜日でしたが、千寿の郷のすぐ横を流れている千丈川の周囲の草刈りを地域住民の方がされるということで、千寿の郷の職員もボランティアとして参加しました。
これは地域の方と交流できる機会でもあり、また、地域へ貢献できる機会でもあるため、是非千寿の郷からも参加したいという職員からの意見をもとに「千寿の郷・地域医療介護連携委員会」が提案したものです。千町自治会の方と何度か打ち合わせをさせていただき、最終的に快くボランティアの受け入れをしてくださることとなりました。
当日は朝8時集合にも関わらず、集合したときにはすでに猛暑でしたが、協力し合いながら怪我もなく無事に終えることができました。千寿の郷は地域の方のこういった見えにくい努力に支えられていることを改めて感じることができました。これからも地域の方との交流を深めていきたいと思います。

予告

初夏コンサート

平成30年5月29日おなじみ、ポコアポコのコンサートが開催されました。職員がメンバーにいるため、相変わらず宣伝効果は抜群で、この日も始まる前から満員でした。外は少し暑くなってきましたが、コンサートの熱気で千寿の郷はさらに熱くなっていましたよ!ポコアポコはジャズから童謡まで楽曲の幅広さが多様なニーズを満たしているため、既に固定ファンが多数います。また次回も楽しみにしていますね!
 
※その他の写真はギャラリーへどうぞ

接遇研修

平成30年2月27日と28日の2日にかけて、昨年に引き続き、田中淳博先生に来ていただき接遇研修を開催しました。接遇と接客の違いなど、昨年のおさらいに加え新しい内容も教えていただきました。去年よりもさらにパワーアップした内容で後半は職員がモノマネ(!?)をしてそれを別の職員が当てるなど、笑いの絶えない研修となりました。田中先生、楽しく理解のできる研修をありがとうございました。

オータムコンサート

平成29年11月15日職員有志とゲストのバンド「ポコアポコ」によるオータムコンサートを開催しました。施設内で広告していたこともあり、当日は満員御礼となりました。しかし、舞台慣れしている人たちばかりなので、観客の期待以上の演奏をしてくれました。実は夜中集まって何度も練習してくれていたそうです。次回は春にしたいということでしたので、また楽しみに待ちたいと思います。

威風堂々!剣扇詩歌の舞

平成29年9月6日(水)颯水流(そうすいりゅう)碧彗会(へきすいかい)の皆様に剣扇詩歌の舞をご披露いただきました。十一の演目を吟詠と歌謡の曲に合わせて、時には勇ましく剣を振り、時には扇を使った舞でご利用者や職員を魅了していました。どの演目も指先にまで集中されていて、美しくかつ大迫力で、息をつく暇もなくあっという間に最後の演目が終わってしまいました。ご利用者も特養、ショート、デイ、ケアハウスから見に来られ超満員で皆さん満足されていました。影のアナウンスは千寿の郷職員の藤田が慣れない中、務めさせていただきましたが、碧彗会代表の洞颯碧様に丁寧にフォローしていただきながら、何とか無事に終えることができました。碧彗会では現在、体験教室を開いておられますので、興味のある方は下記をご参照ください。碧彗会の皆様、本当にありがとうございました!

 

颯水流碧彗会プロフィール

代  表:洞 颯碧(ほら そうへき) 電話:090-8204-5411

稽古会場:大津市晴嵐公民館 3Fホール

稽古日時:毎月第1、第3、第4水曜日 13301630

京都精華大学×千寿の郷

平成29年7月2日(日)京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 ポピュラーカルチャー学科 音楽コース 永田純特任教授をはじめ様々な方のご支援・ご協力を得て京都精華大学4回生中田瑞さんによるピアノ弾き語りが実現しました。
当日は、永田先生、中田瑞さん、カメラマンの益戸優さんの3名に来ていただきました。やはり生の歌声はいつも聴いているCDの音楽と違い、歌が始まった途端「はっ」とされるご利用者もおられました。ずっと音楽に携わってきた中田さんの演奏や歌はとても上手で、よく通る歌声はご利用者の心に響いていました。素敵な演奏と歌声を披露してくださった中田瑞さん、演奏会実現のために奔走してくださった永田純先生、アシスタントの益戸優さん、本当にありがとうございました!是非また遊びに来てくださいね!
中田 瑞(なかだ みずき)さん
 
京都精華大学4回生。小学生の頃からピアノの才能をいかんなく発揮し、中学校三年生のときYAMAHA主催のコンサートにおいて自身が作曲した楽曲が3000曲中の15曲に選出される。現在もピアノ演奏や弾き語りのライブ、楽曲提供等で幅広く活躍中。
永田 純(ながた じゅん)さん
 
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 ポピュラーカルチャー学科 音楽コース特任教授。様々な著名ミュージシャンと関わりつつ、MusicCreators'Agent代表理事を務めるなど、音楽業界の未来のために精力的に活動を続けている。著書に「次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル 自分を作る・売る・守る!次世代ミュージシャンのオンガク活動ハンドブック 知恵とノウハウ、みんなでシェア!」がある。

予告

沖縄琉舞を見せていただきました

平成29年4月3日(月)名嘉京子琉舞研究会の皆様が沖縄から来られるということで、日程調整の上、千寿の郷で琉舞をご披露していただくことができました。
この日のために早朝から準備していただいた伝統衣装・琉装は色鮮やかで美しく、それを身にまとって踊られる姿はとっても迫力がありました。音楽も独特の調子でまるで沖縄にいるかのような気分を味わうことができました。
 
名嘉京子琉舞研究会の皆様、手作りのお土産まで頂戴し本当にありがとうございました。ちょうどこの日は29年度の初日だったのですが、とても縁起が良いスタートとなりそうです。

施設見学会を実施しました。

平成27年4月に発足しました千寿の郷地域医療介護連携委員会の企画により平成29年3月26日(日)に施設見学会が実現しました。
これは地域貢献の一環として、また地域の方々に千寿の郷がどのような施設であるかを知っていただくことを目的としたものです。
今回は千町の自治会役員と民生委員の方をお誘いし、12名の方にご参加いただきました。
特別養護老人ホームをはじめ5事業所の事業内容や、どうすれば利用できるのかなどを紹介をさせていただきました。実際に居室や浴室を案内したり利用者様と同じ昼食を召し上がっていただく中で、興味や関心を示され、時折笑い声も聞かれるなど、終始和やかなムードで終えることができほっと胸をなでおろしております。
これを皮切りに、今まで以上に千寿の郷が地域に根差した施設となっていけるようこれからも邁進していく所存でございます。

春待ちコンサート開催!

平成29年3月16日(木)1階のフロアを使って、職員+有志による「春待ちコンサート」が行われました。
元々3月上旬に行う予定でしたが、感染症の状況等を鑑みて延期になった経緯があり、ご利用者はもちろん練習を重ねてきた演奏者もこの日を心待ちにしていました。
この日はピアノ、マリンバ、エレキギター、エレキベース、トロンボーンを使用しました。誰でも知っていて一緒に歌えるような曲ばかりだったので、ご利用者もノリノリでとっても楽しい時間を過ごすことができました。

接遇研修を実施しました

昨年に引き続き平成29年3月16日、17日の2日間に分けて全職員を対象とした接遇研修を実施しました。接遇は私たち介護に携わるものにはとても重要なテーマになります。慣れてくるとつい緩んでしまいがちなことになりますので、定期的に勉強させていただいています。
 
今年度はアニモ代表の田中淳博先生をお招きしてお話を聞きました。時おり笑いを挟みながら、職員にもすっと理解ができるような研修であっと言う間に時間が経っていました。マナーやあいさつ、接客と接遇の違い等基本的なところでも、はっと気づかされるところがあったり、楽しく学ばせていただきました。田中淳博先生ありがとうございました。

大平保育園の園児さんたちが遊びに来てくれました!

平成29年3月6日(月)千寿の郷の裏にある山道を越えて大平保育園の園児さんたちがご利用者に会いに来てくれました。いつも保育園から歩いて来てくれるのですが、子どもたちの元気で賑やかな声が空に響き始めると千寿の郷の中にいても近づいてきているのがわかり、そろそろ到着だなとこちらも玄関でお出迎えの準備をします。
平成28年度は保育士さんとも年度当初から打合せをして、年4回来ていただくことになっており、今回が最後になりました。いつ会っても元気いっぱいな子供たちからご利用者も沢山元気を分けていただきました。またお会いできるのを楽しみにしております。この場を借りて大平保育園の園児さん、先生の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

家族会によるクリスマス会

平成28年12月14日(水)、家族会の方によるクリスマス会が今年も開催されました。
プロの方によるトランペットの演奏は皆さんうなって聞き入るほど上手で、職員もつい仕事の手を止めて聞いてしまうほどでした。また家族会の方もサンタクロースに扮してご利用者にプレゼントを渡しながらクリスマス会を盛り上げていました。
家族会の方にはいつも助けていただいて本当にありがたいなと思っています。

消防訓練を実施しました。

年に2度の消防訓練が義務付けられていますが、10月28日は夜間を想定した訓練を行いました。職員が少ない夜間であってもご利用者の安全を最優先に確保しなければなりません。消防隊員の方もいつも親身になって訓練にご協力をいただいております。もちろんスプリンクラーなどの設備に不具合がないかも定期的にチェックをしてご利用者やご家族の方にもご安心いただけるように努めています。

平成28年度秋祭りを開催しました!

平成28年9月19日(土)今年こそは台風の影響で雨が降るかも知れない、という不安を抱えながら準備を進めて参りました秋祭り……でしたが、奇跡的に暑いくらいの快晴に恵まれました(次の日は大雨でした)。総勢410名を超える参加人数で、大変盛り上がっていました。ご協力をいただきました沢山の方々に感謝申し上げます。

ピアノ&マリンバ演奏会

平成28年6月29日 職員とその娘さんによるピアノとマリンバの演奏会を開催しました!
お母さんはピアノをずっと学ばれていて、娘さんは音大に在籍している本格的なミュージシャンなんですよ。以前から企画はあったのですが、この度やっと実現することができました。
マリンバというのは木琴の一種で、分解して運ぶほどすごく大きな打楽器です。間近で見たご利用者も驚いておられました。
親子ならではの息の合ったコンビは掛け合いもとっても上手で観客を惹きつけていました。途中からはデイサービスの職員とご利用者の乱入もあってさらに賑やかになりました。
曲目は童謡からクラシックまで幅広く、だけどどこかで聞いたことのある耳馴染みの良いものばかりで、聴衆を飽きさせることもなくすぐに時間が経ってしまいました。

車両贈呈式!

このたび日本財団より、車両の助成を受けられることになりました。公益財団法人日本財団はさまざまな社会問題の解決に取り組んでおられる組織で、毎年福祉車両の助成をされています。平成28年2月29日に車両の贈呈式が行われました。
以前から使用しているキャラバン(日産)の最新のモデルということで、スムーズに運用できそうです。このカラフルな車体は利用者様の目にも止まりやすいのではないでしょうか。
現行のリフトカーは設立当初からのもので走行距離が25万キロを超えていることから、近々の買い替えを考えていましたが、経営状況等を踏まえ先延ばしになっていました。今回ありがたいお話を頂戴し、やっと新しい車両に更改ができ、利用者職員ともども喜んでおります。日本財団の皆様、本当にありがとうございました。

電機連合滋賀地方協議会から洗濯機をいただきました。

平成28年2月12日 電機連合滋賀地方協議会 第1区地区連絡会議様から洗濯機をご寄附いただきました。
様々な物品が老朽化していく中で非常にありがたいことです。関係者の皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。大切に使わせていただきたいと思います。

年賀式を行いました。

1月1日年賀式を特養のご利用者様と一緒に行いました。平成28年になり、また気持ちも新たにより良い施設を目指してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

大菊同好会の皆様ありがとうございました!

平成27年11月13日(金)大菊同好会の皆様に来ていただきました。千寿の郷開設当初から綺麗な菊の花を毎年届けていただいておりましたが、都合により今年が最後になってしまうということで、千寿の郷より感謝状を贈らせていただきました。永年にわたり、大切に育てていただいた菊を千寿の郷にわけていただきありがとうございました。
大菊同好会の皆様

平成27年度滋老協研究協議大会で発表をしてきました

平成27年11月11日(水)特別養護老人ホームの井上所長が滋老協(滋賀県老人福祉施設協議会)研究協議大会の分科会で発表を行いました。テーマとしては「自己決定の尊重」等少し固いものでしたが、私たち社会福祉施設とは切っても切り離せない重要な内容で、会場の皆様にも真剣に耳を傾けていただきました。発表後は鋭い質問もあり、有意義な時間となりました。参加いただいた皆様、滋老協の皆様、ありがとうございました。

ちんどん屋さんに来ていただきました!

平成27年11月10日(火)ちんどん屋さんに来ていただきました!多種多彩な出し物を次から次へと見せていただき、あっという間に1時間半が経ってしまいました。特養、ショート、デイ、ケアハウスから沢山見に来ていただき最後まで盛り上がっておられました!
土田さん本当にありがとうございました!
→職員も土田さんの話術に乗せられて仮装をしながら楽しく参加させていただきました。
どの職員がどんな仮装をしていたかご利用者に当てていただきましたが、職員が順番にお面を外す度にご利用者からは笑いと喝采が聞かれました。普段は見られない職員の意外な一面が発見できましたか?

救急講習を実施しました!

平成27年11月5日(木)大津市消防署の救急救命士を講師に迎え概ね採用後2年未満の新規職員等を対象に講義及び救急講習を実施しました。約1時間半でしたが、実技もみっちりと行い非常に密度の濃い講習となりました。今後も定期的に講習を実施していきます。

平成27年度秋祭り開催しました!

平成27年度秋祭り!
 
平成27年9月19日(土)今年も見事な秋晴れの中、毎年恒例の秋祭りが実施されました。述べ約400名の参加で大盛況のうち幕を閉じることができました。ご協力いただいた皆様、一緒に楽しんでいただいた皆様、まことにありがとうございました!

平成26年秋祭りについて

■唐崎太鼓!
平成26年秋祭り情報
 
<日 時> 平成26年9月20日(土) 15:30~18:00(雨天中止)
<場 所> 千寿の郷 芝生広場
<出し物> コーラス(デイサービス利用者&職員)
      唐崎太鼓  など
<お 店> おでん、カレー、から揚げ、たこ焼き、フランクフルト
      みたらし団子、ソフトクリーム、焼き鳥(家族会)、わらび餅(家族会)
      お茶、ジュース、ノンアルコールビール、ビール
      ビールのみ200円、他は各100円です。(追加も同額になります)
      食べ物全部+飲み物1つのセットチケットは800円になります。
 
毎年計400名ほどのご参加をいただいています秋祭りを今年も開催します!
お時間の合う方は是非おこしくださいヽ(´▽`)ノ

家族会

特別養護老人ホームに入所されているご家族で組織されている家族会の皆様には、特養の運営だけでなく、秋祭りにも大変ご協力をいただいています。
 
毎年恒例の焼き鳥とわらび餅を今年も出店いただきます。
売り切れが出るほど人気なのでお早めにどうぞ!
TOPへ戻る